本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“歴代ベスト5”からレブロンを外したローズ。ジョーダンとの“G.O.A.T.論争”にも「誰も成し遂げてないことを意味する」と自論<DUNKSHOOT>
現地時間8月25日にYouTubeへ公開された米放送局『ESPN』の番組『Courtside Club』にゲスト出演したジェイレン・ローズは、現役時代はNBAで13シーズンプレーした203cmのオールラウンダー。インディアナ・ペイサーズ時代の1999−2000シーズンには平均18.2点、4.8リバウ...
別窓で開く

「ピストンズは新たなオールスターバックコートデュオを手にした」元NBA選手も絶賛するカニングハム&アイビーはチームを再建に導けるか<DUNKSHOOT>
今年のドラフトで1巡目全体5位指名権を持っていたデトロイト・ピストンズは、ジェイデン・アイビーを指名した。パデュー大出身のガードはインディアナ州生まれながら、父ジャヴィン・ハンターはミシガン州デトロイト出身。母ニール・アイビーは2005年にWNBAデトロイト・ショックでプレーした経験を持つ元選手と、...
別窓で開く

実力はリーグ有数も、乱闘や罰金、出場停止は不可避? NBA歴代“トラブルメーカーチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
近年のNBAは品行方正で、トラブルとは無縁のクリーンな選手が増えている。もし何か問題を起こせば、情報はたちまちネット上に広まり“炎上”し、選手や所属するチームのイメージ低下を招くからだ。 しかし、一昔前のNBAでは、コート内外で世間を騒がせた問題児が多くいた。...
別窓で開く

ジョーダンは「誰とも打ち解けていない」。名コメンテーターが見解「アイザイアと話し合うなんて地獄でもあり得ない」<DUNKSHOOT>
NBAレジェンドのアイザイア・トーマスとマイケル・ジョーダンは、現役時代に犬猿の仲だったことは有名な話で、引退後も両者の溝は埋まっていない。名物コメンテーターのスキップ・ベイレスは、「マイケルはナイスガイではない」と、トーマスと膝を突き合わせて話すことは決してないと見解を述べている。...
別窓で開く

ブラウンのメンターは“バッドボーイズの首領”トーマス「家に来て『どうしたら上手くなれる?』って聞いてきたんだ」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスによる2022年のNBAファイナルは、第4戦を終えた時点で2勝2敗。どちらも一歩も譲らない、互角の戦いが続いている。 そのなかで、2010年以来のファイナル進出を果たし、2008年以来のリーグ制覇を目指すセルティックスを攻守で牽引するのがジェ...
別窓で開く

名手ミラーが「グリーンはダーティーな選手ではない」と見解。「勝つために必要なことをしている」<DUNKSHOOT>
メンフィス・グリズリーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズのウエスタン・カンファレンス準決勝は2試合を終えて1勝1敗のタイ。第3戦からはウォリアーズのホームに舞台を移すが、ここまでシリーズは荒れに荒れている。 第1戦でウォリアーズのドレイモンド・グリーン、第2戦ではグリズリーズのディロン・ブルックス...
別窓で開く

「みんなマイケルを見るのに忙しすぎた」再びジョーダンに牙を剥くピッペン「我々はただの同僚」<DUNKSHOOT>
元シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペンは、昨年11月に発売した初の自伝『Unguarded』の告知で、複数のフランスメディアに登場。かつての盟友であるマイケル・ジョーダンに再び辛辣な言葉を浴びせ、波紋を呼んだ。 ブルズと言えば、1991〜93年、96〜98年に2度の3連覇を達成してリ...
別窓で開く

「トッププレーヤーが誰か再考する必要がある」トーマスが勢力図の変動を指摘「ネッツとレイカーズは史上最大の失敗」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは現地時間4月25日に行なわれたボストン・セルティックスとのプレーオフ1回戦第4戦に112−116で敗れ、まさかのスウィープ負け(4連敗)でシーズンが終了した。この結果を受け、殿堂入り選手のアイザイア・トーマスは、現役選手の“勢力図”の変動を指摘している。...
別窓で開く

「マジック、カリームを倒した? 待て待て」ジョーダンの功績に“宿敵”トーマスが異議!「活躍は作られた話だ」<DUNKSHOOT>
かつて“バッドボーイズ”と恐れられたデトロイト・ピストンズの党首アイザイア・トーマスは、現役時代にマイケル・ジョーダンと犬猿の仲だったのは有名な話だ。引退後も両者の溝は埋まらず、トーマスは“神様”の功績に対する称賛に釘を刺している。 発端は1985年の...
別窓で開く

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。...
別窓で開く


<前へ12次へ>