本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【NBAデュオ列伝|後編】軽率な言動への不信感、引退後に分かれた明と暗……“バッドボーイズの両頭”トーマスとデュマースの間になぜ隔たりが生じたのか<DUNKSHOOT>
■バッドボーイズの衰退。引退後に訪れた明と暗 しかし、ピストンズの栄華は長くは続かなかった。ジョーダン率いるシカゴ・ブルズが、その牙城を崩したのである。 1991年のカンファレンス決勝は一方的な展開となり、ピストンズはブルズに4連敗。完膚なきまでに叩きのめされてしまった。この屈辱的な負け方が、トーマ...
別窓で開く

“天使と悪魔の顔を持つ男”トーマスと“誰もが認める紳士”デュマース。対照的な2人が牽引したピストンズの盛衰【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
14年の時を経て、アイザイア・トーマスはNBAファイナル2004の舞台に立っていた。 複雑な心境だった。本来ならGM(ゼネラルマネージャー)として、ニューヨーク・ニックスのメンバーを率いてこの場にいるべきだった。だが、彼にこの日与えられた役目は、デトロイト・ピストンズのOB代表として、始球式を務める...
別窓で開く

“歴代ベスト5”からレブロンを外したローズ。ジョーダンとの“G.O.A.T.論争”にも「誰も成し遂げてないことを意味する」と自論<DUNKSHOOT>
現地時間8月25日にYouTubeへ公開された米放送局『ESPN』の番組『Courtside Club』にゲスト出演したジェイレン・ローズは、現役時代はNBAで13シーズンプレーした203cmのオールラウンダー。インディアナ・ペイサーズ時代の1999−2000シーズンには平均18.2点、4.8リバウ...
別窓で開く

ジョーダンは「誰とも打ち解けていない」。名コメンテーターが見解「アイザイアと話し合うなんて地獄でもあり得ない」<DUNKSHOOT>
NBAレジェンドのアイザイア・トーマスとマイケル・ジョーダンは、現役時代に犬猿の仲だったことは有名な話で、引退後も両者の溝は埋まっていない。名物コメンテーターのスキップ・ベイレスは、「マイケルはナイスガイではない」と、トーマスと膝を突き合わせて話すことは決してないと見解を述べている。...
別窓で開く

名手ミラーが「グリーンはダーティーな選手ではない」と見解。「勝つために必要なことをしている」<DUNKSHOOT>
メンフィス・グリズリーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズのウエスタン・カンファレンス準決勝は2試合を終えて1勝1敗のタイ。第3戦からはウォリアーズのホームに舞台を移すが、ここまでシリーズは荒れに荒れている。 第1戦でウォリアーズのドレイモンド・グリーン、第2戦ではグリズリーズのディロン・ブルックス...
別窓で開く

「みんなマイケルを見るのに忙しすぎた」再びジョーダンに牙を剥くピッペン「我々はただの同僚」<DUNKSHOOT>
元シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペンは、昨年11月に発売した初の自伝『Unguarded』の告知で、複数のフランスメディアに登場。かつての盟友であるマイケル・ジョーダンに再び辛辣な言葉を浴びせ、波紋を呼んだ。 ブルズと言えば、1991〜93年、96〜98年に2度の3連覇を達成してリ...
別窓で開く

「マジック、カリームを倒した? 待て待て」ジョーダンの功績に“宿敵”トーマスが異議!「活躍は作られた話だ」<DUNKSHOOT>
かつて“バッドボーイズ”と恐れられたデトロイト・ピストンズの党首アイザイア・トーマスは、現役時代にマイケル・ジョーダンと犬猿の仲だったのは有名な話だ。引退後も両者の溝は埋まらず、トーマスは“神様”の功績に対する称賛に釘を刺している。 発端は1985年の...
別窓で開く

「ジョーダンはピッペンなしでも勝てた」泥沼化する“最強デュオ”の関係性に元同僚が言及<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、かつてシカゴ・ブルズで2度の3連覇を果たした史上最高のデュオのひとつだ。しかし現在は確執が泥沼化し、「どちらが選手として上か」といった比較論にまで発展。そのなかで、元同僚のチャールズ・オークレーは、独自の視点で見解を述べている。...
別窓で開く

“バッドボーイズ”ピストンズの象徴。周囲の評価を活力に変えたレインビアとロッドマン【NBAデュオ列伝|後編】<DUNKSHOOT>
■無名の存在からリーグ最高の守備選手となったロッドマン ロッドマンが最もプレースタイルの参考にしたのはレインビアだった。「ぜんぜんジャンプ力がないのに、よくあれだけリバウンドが取れるものだ」。ロッドマンはレインビアの動きやポジショニングを研究して自分のものとしていった。...
別窓で開く

「ピッペンはレブロンと同じ」ペイトンが現役時代のライバルに言及「周りの選手を向上させたベストプレーヤー」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズ黄金期の一員だったスコッティ・ピッペンは、2020年4〜5月にドキュメンタリー『ザ・ラストダンス』が放映されて以降、かつての相棒マイケル・ジョーダンとの関係が悪化し、たびたびメディアを賑わせている。そのなかで、殿堂入り選手のゲイリー・ペイトンが現役時代にしのぎを削ったライバルたちについ...
別窓で開く


[ バッドボーイズ ジョーダン ] の関連キーワード

dunkshoot バッドボーイズ ジョーダン レブロン マイケル
トーマス ミラー ローズ nba

<前へ12345次へ>