本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『あらびき団』(TBS系)がゴールデンから深夜帯に戻ってきた。8月2日、3日に2夜連続で放送された今回は、総勢31組の中から、1夜目と2夜目で王者を2組決定する「真夏の最強パフォーマー決定戦」を開催。見事優勝に輝いたのは、若手コンビ・スパイシーガーリック(1夜目)と地下芸人・スルメ(2夜目)だった。...
別窓で開く

実力はリーグ有数も、乱闘や罰金、出場停止は不可避? NBA歴代“トラブルメーカーチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
近年のNBAは品行方正で、トラブルとは無縁のクリーンな選手が増えている。もし何か問題を起こせば、情報はたちまちネット上に広まり“炎上”し、選手や所属するチームのイメージ低下を招くからだ。 しかし、一昔前のNBAでは、コート内外で世間を騒がせた問題児が多くいた。...
別窓で開く

ブラウンのメンターは“バッドボーイズの首領”トーマス「家に来て『どうしたら上手くなれる?』って聞いてきたんだ」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスによる2022年のNBAファイナルは、第4戦を終えた時点で2勝2敗。どちらも一歩も譲らない、互角の戦いが続いている。 そのなかで、2010年以来のファイナル進出を果たし、2008年以来のリーグ制覇を目指すセルティックスを攻守で牽引するのがジェ...
別窓で開く

名手ミラーが「グリーンはダーティーな選手ではない」と見解。「勝つために必要なことをしている」<DUNKSHOOT>
メンフィス・グリズリーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズのウエスタン・カンファレンス準決勝は2試合を終えて1勝1敗のタイ。第3戦からはウォリアーズのホームに舞台を移すが、ここまでシリーズは荒れに荒れている。 第1戦でウォリアーズのドレイモンド・グリーン、第2戦ではグリズリーズのディロン・ブルックス...
別窓で開く

「あれはバスケじゃない」と失笑のロッドマンは現代NBAに興味なし「ディープ3を観たくないんだ」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンに創設75周年の節目を迎えるNBA。現代のリーグは、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンを中心としたゴールデンステイト・ウォリアーズのようなスモールボールがトレンドとなり、ポジションレス化が進むなど大きく変化している。そんなNBAを「特に観ない」と断言...
別窓で開く

「ロッドマンは得点しないことに誇りを持っていた」ブルズ時代の同僚が語る名リバウンダーの“哲学”〈DUNKSHOOT〉
デニス・ロッドマンと言えば、NBA随一の悪童として語り継がれている一方で、史上最高のリバウンダーとしての呼び声も高かった。7年連続リバウンド王は、偉人ウィルト・チェンバレンを上回る連続記録で、優勝も5回経験している。シカゴ・ブルズ時代の同僚だったスティーブ・カー(現ゴールデンステイト・ウォリアーズ・...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ベイラー、ドレクスラーらスコアラーが愛用した22番の歴史。今ファイナル大活躍のバトラーも袖を通した理由は?
NBAにおいて、22番は爆発力のあるスコアラーの番号というイメージが強い。事実、過去の名選手の多くがこのタイプに分類される。 22番を着けた最初の名選手はエド・マコーリー。1951年にオールスターゲームの初代MVPに輝き(ただし後年になってから遡っての選出だった)、同年から7年連続で球宴に選出された...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】カーターやカーメロら“スコアラー”に“問題児”、近年は“実力派ビッグマン”が背負う15番の歴史
■レジェンドはスコアラー系、近年はビッグマンが多く着用 背番号15はこれまで7人が欠番になっているが、スーパースターと呼べる選手は限られる。そのなかで最も有名なのは、ボストン・セルティックスの黄金期に主力を務めたトム・ハインソーンだ。1957年の新人王で、オールスターに6度選ばれたフォワードは、引退...
別窓で開く

名センターのマローンのほか、キッド、ペイトンら歴戦の名司令塔も多く背負った背番号2。“現役最高の2番”レナードは欠番として名を刻めるか?【NBA背番号外伝】
7球団で永久欠番となっている背番号2だが、キャリアを通じてこのナンバーを着け続けた真の名選手は少ない。そもそも長い間、NBAには2番を着用した選手そのものがいなかったのだ。 これは、アマチュアでは背番号1〜3を着けることができないのが理由だろう。最初に2番でプレーしたのは、NBAの前身であるBAAの...
別窓で開く

【名作シューズ列伝】ピッペンとマリンの「AIR FLIGHT LITE MID」は自己主張の少なさが売り?デフォルトBOXは細部にこだわりが
人に歴史あり。バスケにスーパースターあり。スーパースターにシグネチャーモデルあり。シグネチャーモデルにBOXあり! 1992年、ドリームチームのシグネチャーモデル第3弾、本編8箱目は、マイケル・ジョーダンとの最強コンビで一躍トップスターに駆け上がったスコッティ・ピッペンと、ゴールデンステイト・ウォリ...
別窓で開く


<前へ12次へ>