本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



史上初の2大会連続か、それとも…カタールW杯の得点王オッズは?
今冬にカタールで開催されるワールドカップでは、大会得点王の記録が塗り替えられるかにも注目が集まる。 1大会の最多ゴール記録は、1958年大会にゴールを量産したフランス代表のジュスト・フォンテーヌで13ゴールだ。フォンテーヌは2度のハットトリックを達成するなど全6試合でゴールを決めてチームの3位に貢献...
別窓で開く

「いや、チートだろ」「バロンドールでしょ!!」三笘劇場にサッカー界、芸能界からも大興奮の声!日本中が酔いしれる
 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選が3月24日に行なわれ、日本はオーストラリアと敵地シドニーで対戦し、2—0で勝利。最終節のベトナム戦を前に、グループBの2位以上を確定させ、7大会連続7度目のW杯出場を決めた。 再三決定機を作るもモノにできない焦れる展開が続くなか、救世主となったのは、...
別窓で開く

英老舗誌が「最も影響力のあるサッカー選手50人」を選出!マラドーナ、ペレらと共に名を連ねた日本代表のレジェンドは?
 英国の老舗サッカー誌『FourFourTwo』が「史上最も影響力のあるサッカー選手50人」を選出した。同誌のウェブサイト上では2月2日付けで、そのリストを掲載している。『FourFourTwo』はまず「これは史上最高の選手のリストではない。影響力のある選手と才能のある選手が重なることは多々あるが。...
別窓で開く

「史上最高のアジア選手トップ20」を英メディアが選出! 日本から最多の7人がランクイン、ソン・フンミンを抑えての1位は?【2021総集編】
 ついに年が明け、2022年となった。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、昨年3月に英国メディアが発表した「歴代アジア人選手ランキング」に関する記事を再掲する。最多の7人がランクインした日本勢で最上位だったのは…...
別窓で開く

歴史的な点取り屋、欧州制覇の殊勲者も予選落ちの危機! 「カタールW杯を欠席するかもしれないスーパースター」の顔ぶれは?
世界中で行なわれているカタール・ワールドカップ予選。各大陸によって進み具合は違い、さらにその後には大陸間プレーオフも控えており、来年6月まで緊張感溢れる戦いは続いていく。 そんななかで欧州はグループステージが全日程を終了。セルビア、スペイン、スイス、フランス、ベルギー、デンマーク、オランダ、クロアチ...
別窓で開く

「彼は幸運ではない。勤勉なだけだ」古巣のスタッフが冨安健洋を高評価!C・ロナウドとの共通点も
現地時間10月2日、アーセナルは敵地でブライトンと対戦し、0−0のドローに終わった。アーセナルのリーグ戦での連勝は3で止まったものの、冨安健洋はこの日も右サイドバックでフル出場し、無失点での勝点獲得に貢献した。 これでリーグ戦は5節から3試合連続でフル出場。途中交代した4節のノーウィッチ・シティ戦も...
別窓で開く

「アジア最高の才能」「ベッカムに匹敵」中田英寿が残した衝撃を英誌が回想!“世界で最も市場性のある選手”と紹介
 英国の老舗サッカー誌『FourFourTwo』が、元日本代表MF中田英寿の特集記事をサイト上に公開した。3月号に掲載されたものだという。「日本でデイビッド・ベッカムに匹敵する人物。ヒデトシ・ナカタを偲んで」と題した記事は、「ソン・フンミン以前は、ローマのプレーメーカーで、ボルトンで物語が終わったナ...
別窓で開く

「史上最高のアジア選手トップ20」を英メディアが選出! 日本から最多の7人がランクイン、ソン・フンミンを抑えての1位は?
 3月3日、英メディア『90min』が、「史上最高のアジアのサッカー選手をランク付け」と題した記事を掲載。往年の名手から現役プレーヤーまで、これまで歴史にその名を刻んだアジア人選手のトップ20を発表した。 日本からは、5位の本田圭佑(無所属)を筆頭に、6位・中田英寿、9位・中村俊輔(横浜FC)、10...
別窓で開く

「10年前には想像できなかった」 “浪人状態”の香川真司と“王者”レバンドフスキをポーランド記者が対比…
ラ・リーガ2部のサラゴサと契約を解除して以降、香川真司はひとりトレーニングに励みながら、新たな所属先が決まるのを待っているが、新シーズンが開幕してかなりの日時が過ぎた今なお、その時はやって来ていない。...
別窓で開く

「メッシはトップだけど、マラドーナは…」守備の名手カンナバーロがアルゼンチンの両雄を比較!
 中国の広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ監督は、いずれプレミアリーグなど欧州の主要リーグで指揮を執りたいと望んでいる。 英衛星放送『Sky Sports』のインタビューで、カンナバーロは「プレミアリーグのすべての試合を見ているし、イングランドのサッカー文化や環境が好きだ」と明かした。...
別窓で開く


<前へ12次へ>