本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



同僚から“裏切り者”扱いされ、メッシも時に煩わしさを…破天荒なピケのキャリアを番記者が明かす【現地評】
 ジェラール・ピケは、1997年に当時バルセロナのカンテラで最年少のカテゴリーだったアレビンB(U-11)に入団した。父親はポルシェで、母親はメルセデスで練習場まで迎えに来ていた。ラ・マシアのあるコーチは当時のピケについて次のように述懐する。「みんなジェラールの友達になりたがっていたよ。金持ちである...
別窓で開く

給与の増額、プライベートジェット手配…契約更新の際、メッシがバルサに要求した内容が明らかに! バルトメウ前会長が拒否した条件とは?
 かつてバルセロナに所属していたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。現在はパリ・サンジェルマンに在籍するスター選手だが、バルサとの契約更新を控えた2020年夏、クラブに要求した内容がスペインメディア『EL MUNDO』の報道で明らかとなった。 同メディアが9月21日付けで報じたのは、メッシがジョゼ...
別窓で開く

「バルサの新マスコット?」カンプ・ノウに出現した“珍客”に現地ファンも騒然!「いったい何事だ」
 現地時間8月7日、バルセロナは、本拠地『Sportify カンプ・ノウ』で恒例のジョアン・ガンペール杯を行ない、メキシコ1部プーマスと対戦。6-0の大勝を収めた。 今夏に新加入したロベルト・レバンドフスキの初ゴールなどが話題を呼んだこの一戦で、現地ではあるファンが撮影した“珍客&rdq...
別窓で開く

選手もフロントも一流の人材がいないバルサの“根深い闇”を番記者が明かす。「成功に溺れて学ぶことを止めた」【現地発】
 レアル・マドリーは加速が止まらず、バルセロナはエンジンがかからない。昨年3月にカンプ・ノウへの帰還を果たして以来、ジョアン・ラポルタが即興的に物事に対処しているのに対し、フロレンティーノ・ペレスは計画的に物事を進めている。 バルサが多額の負債で身動きが取れなくなっているのは周知の通り。...
別窓で開く

控えを受け入れるか、退団するか。シャビ監督の要求を拒否したピケ。「レギュラーの座を脅かす補強はしない」という暗黙のルールも…【現地発】
 バルセロナのジェラール・ピケの去就が騒がしくなってきた。きっかけは、2週間前のシャビ監督との2者会談だった。その場でピケは新シーズン、チーム内での役割がドラスティックに変わると宣告された。 昨シーズン、怪我に悩まされたコンディション面に加え、指揮官が問題視しているのがサッカーとの向き合い方だ。...
別窓で開く

バルサが味わった“2度の凋落”。共通点は…会長主導のずさんな強化戦略
 各クラブの選手編成を決める強化担当者たちが、一貫したチームコンセプトで選手を目利きし、交渉し、査定し、文字通り「チームを強化できるか」は、戦いの行方を大きく左右する。勝負の半分はその時点で決定する、といっても言い過ぎではない。 強化のビジョンがぼやけてしまっていたり、見る目が曇っていたり、ずさんな...
別窓で開く

クーマン氏、バルサ会長との険悪な関係を明かす「私を排除したがっていた」
昨年10月までバルセロナの監督を務めていたロナルド・クーマン氏が、同クラブに言及した。3日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。 2020年夏にバルセロナの監督に就任したクーマン氏は同シーズンのコパ・デル・レイ(国王杯)を制したものの、ラ・リーガでは2007−08シーズン以来となるトップ2陥落、チャン...
別窓で開く

「全盛期の動きには戻らない」バルサはなぜ構想外CBとの契約を延長したのか。その背景に迫る【現地発】
 バルセロナがサミュエル・ウンティティと2026年まで契約を延長した。しかし前回の契約更改時(2018年)のように、あるいは数か月前のペドリやアンス・ファティがそうだったように、セレモニーは開かれなかった。 今回のオペレーションの最大の目的は、人件費を引き下げることにあった。そのためウンティティは減...
別窓で開く

「正直、大半の選手が理解できていない」シャビが嘆いた“ポジショナルプレー”の喪失。なぜバルサは自らのサッカーを忘れたのか【現地発】
 バルセロナが自らのフットボールを忘れた。 2009年から2015年までバルサは世界の頂点に君臨していた。しかし2015年に最後にチャンピオンズ・リーグを制覇したのを境に、その独自のアイデンティティに裏打ちされたオートマチズムを徐々に失っていった。2015年はくしくもシャビが退団した年でもある。...
別窓で開く

シャビ就任の上げ潮ムードが一瞬で砕け散ったバルサ。番記者が指摘する根深い課題とは?「まだ顕著な効果は何も見られず」【現地発】
 バルセロナの転落が止まらない。チャンピオンズ・リーグでバイエルン・ミュンヘンに敗れ(0‐3)、グループステージ敗退が決定した後、シャビ監督は「ターニングポイントにしなければならない」と強調したが、これが底打ちだという保証はどこにもない。 ジョゼップ・マリア・バルトメウ政権による乱脈経営がチームの弱...
別窓で開く


[ バルトメウ ] の関連キーワード

ポジショナルプレ カンプ