本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国経済はこれからも拡大を続けるのか。元みずほ証券シニアエグゼクティブの土屋剛俊さんは「不動産大手・恒大集団の経営危機は、不動産バブル崩壊の予兆だ。中国政府がこれまで延々と続けてきた『GDP成長率の維持政策』も、同時に破綻の危機にある」という——。■恒大集団のデフォルトは氷山の一角にすぎない中国の不...
別窓で開く

「ブルズは最強の王朝」ピッペンが改めてジョーダンとの関係に言及。ただ“謀反”について「まだ彼とは話していない」<DUNKSHOOT>
昨年11月に発売した初の自伝『Unguarded』が大きな波紋を呼んでいる、シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペン。イタリアでも今年1月に「Unguarded - La mia vita senza filtri」の題名で著書が発売され、ピッペンは改めてマイケル・ジョーダンについて語っ...
別窓で開く

「本当にムカつく!」ご意見番バークレーがレイカーズのフロント陣を痛烈批判「2人に責任をなすりつけようとしている」<DUNKSHOOT>
現地時間1月19日(日本時間20日、日付は以下同)のインディアナ・ペイサーズ戦、ロサンゼルス・レイカーズのフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)は「このチームに高い期待を抱いている。ビッグマーケットであり、勝利以外のどんなことも望んでいない」と、必勝態勢で臨んだ。...
別窓で開く

「ベストの選手だが、同時に軽視していた」識者がジョーダンとピッペンの“複雑な関係性”を明かす<DUNKSHOOT>
スコッティ・ピッペンはNBA史上屈指のオールラウンダーであり、殿堂入り選手、そしてリーグ創設75周年を記念した“偉大な75人”(投票結果タイにより最終的に76人)にもその名を刻んでいる。リーグ優勝6回の経験を含めてそのキャリアは栄光に彩られているが、『The Athletic...
別窓で開く

「余分な次元があるという意味では、完全なフィクションとは言いきれない」「物理が相当好きな人が携わっているはず」『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』について野村泰紀教授(マルチバース研究)に聞いてみた!
全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が全国の映画館にて大ヒット公開中!前作で世界中にスパイダーマンであることを明かされたピーター・パーカー。...
別窓で開く

新春! 週刊東洋経済は「狙われる富裕層」、週刊エコノミスト「投資のタネ」、週刊ダイヤモンドは「ゼネコン不動産」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。2022年、新春の「週刊東洋経済」(2022年1月8日号)の特集は「税務署から詐欺師まで...
別窓で開く

エミー賞9度受賞のほか、エドガー賞、米国人文科学勲章、アメリカ文学界奉仕功労賞を受賞している米国でも有数のストーリーテラーの名手ジェイムズ・パタースン。その著者が、ポール・マッカートニーをはじめとする関係者への独占インタビューを盛り込み、ビートルズ結成60周年、解散50周年、ジョン・レノン射殺から4...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

コモディティのロング・ショートで資産を守る、「コモディティ・アルファ戦略ファンド」の革新性
 三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「コモディティ・アルファ戦略ファンド」が12月14日に新規設定された。インフレ時に価格が大きく動きやすいコモディティの特性を捉えたロングポジション(買建て)に、先物のショートポジション(売建て)を加えることによって安定的な投資収益の獲得をめざすファン...
別窓で開く

いつまで続く新型コロナ、米労働者も精根尽きる—米メディア
2021年12月25日、海外網は、新型コロナに銃撃事件の多発、労働力不足によって、米国サービス業の労働者たちが精根尽き果てているとする、米メディアの報道を伝えた。記事は、米CNNの24日付記事を引用。新型コロナウイルスのオミクロン変異株が米国で急速にまん延する中で、商店や飲食店の従業員が新たな生活の...
別窓で開く