本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』がついに日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授...
別窓で開く

パンデミック時代のお金持ち体質は、どんな「食べ物」を選ぶ?
食べ物から情報まで、玉石混交のいまの時代。単に手に入りやすいだけの基準で選ぶと、結果として大きなマイナスに? ベストセラー作家で税理士の亀田潤一郎さんの、本質を見極め自分によいものを取り入れる方法とは? ■お金持ちほど体内に取り入れるものに対して敏感お金持ちの人たちは、おしなべて食べるものについて気...
別窓で開く

「マクドナルドの前を素通りできなかった」暴飲暴食を続けていた女性、胃の切除手術で40キロ超の減量に成功(英)
暴飲暴食を止めることができず、一時は体重が100キロを超えてしまったというイギリス在住の女性が、わずか1年ほどで約44キロの減量に成功した。家族に内緒でお菓子やジャンクフードを大量に食べていたという女性だが40歳を目前に「健康な体で過ごしたい」と思い、胃の切除手術を受けることを決意した。...
別窓で開く

マクドナルド公式がミミズ肉の使用否定「まだ続く誹謗中傷」
マクドナルドは世界中で愛されているファストフード店です。ファストフード店に限らず、飲食店は人のお腹を満たすだけでなく、味覚で喜びを与えてくれる存在です。マクドナルドは世界中の人たちに「食」で貢献しているといえます。飲食店は人に幸せを与える業種である一方、パンデミックや世界情勢などの影響を受けやすく、...
別窓で開く

ロシアのマクドナルドで謎の黒バーガーを食べてきた
ロシアで食べて感動した料理といえば、シベリア鉄道の食堂車で食べたボルシチ。そしてマクドナルド。モスクワのマクドナルドでライ麦パンのビーフベーコンバーガー、ナチュラルマックフライポテト、フィッシュチーズラップ、チーズフライを食べたのですが、どれも心に残るテイストでした。ロシアではマクドナルドが大人気モ...
別窓で開く

じゅわっ、とろっ。イヴ・サンローランの新リップを全色レビュー
1月14日、イヴ・サンローランから新しいリップスティックが発売されます。リップメイクがなかなか楽しめなかったパンデミック時代を経て、自分のためだけに塗るルージュの楽しみから、再び世界へ向けて解き放つ春へ。新リップスティック“キャンディグレーズ”はリップの進化を感じさせる、新しい使用感です。...
別窓で開く

YSL、世界最速先行発売開始!シロップリップ「ルージュ ヴォリュプテ キャンディグレーズ」新発売
日本ロレアル株式会社 クリック&オンで広がる、未体験のシロップリップ。待望の新YSLリップ、「ルージュ ヴォリュプテ キャンディグレーズ」が誕生。■未体験のシロップリップ誕生唇が封じられた、パンデミック時代。自分のためだけに塗るルージュの楽し...
別窓で開く

米国の最低賃金の引き上げ反対派にTwitterで反論する人が続出 「最低賃金がニュージーランドの半分でよく先進国を名乗れるよね」「時給15ドル払えないようなら、ビジネスなどしないほうが良い」
ジョー・バイデン次期米大統領が経済対策のひとつとして打ち出しているのが、最低賃金の引き上げです。「週40時間働いている人は、誰も貧困ラインを下回ってはいけない」ということで、2009年から時給7.25ドル(約750円)のままとなっている最低賃金を時給15ドル(約1560円)まで引き上げることを掲げて...
別窓で開く

メジャーリーガーも“コロナ太り”!? 12年WSMVP男「パンダ」の最新画像がまるで「お相撲さん」だと話題
自粛期間は、一流スポーツ選手にも影響があったのだろう。 現地6日、2012年ワールドシリーズMVPに輝いた“カンフー・パンダ”こと、パブロ・サンドバル(サンフランシスコ・ジャイアンツ)の最新映像が話題を呼んでいる。 7月23日ないし24日の開幕に向けて動き出したメジャーリーグ...
別窓で開く


<前へ1次へ>