本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



英雄セナの悲劇の影に隠れ…28年前にイモラで散った悲運のラッツェンバーガーに海外メディアが再注目!「F1は彼を忘れない」
F1で5月1日といえば、28年前の1994年、欧州ラウンド初戦の第3戦サンマリノ・グランプリで、3度のワールドチャンピオンに輝いたウィリアムズのアイルトン・セナが非業の死を遂げた日として、人々の記憶に留められている。...
別窓で開く

ウィリアム王子&キャサリン妃、聖デイヴィッドの日を祝して英ウェールズを訪問 ケーキ作りや子ヤギと触れ合う
ウィリアム王子とキャサリン妃が現地時間1日、聖デイヴィッドの日(St. David’s Day)を迎えた英ウェールズ地方を訪問した。現地で夫妻は伝統的なウェルシュケーキ作りを手伝ったり、お揃いのジャケットを着て農場でヤギとふれ合うなど、仲睦まじく公務を行った。...
別窓で開く

英ウィリアム王子&キャサリン妃、モフモフのセラピードッグに笑顔
英王室のウィリアム王子とキャサリン妃が、公務で訪れた病院でセラピードッグと対面。弾ける笑顔を見せた。 JustJaredによると、現地時間1月20日、ウィリアム王子とキャサリン妃は、公務でマンチェスター北西のクリザローにあるクリザロー・コミュニティー病院を訪れた。...
別窓で開く

チキンウィングの中に鶏の頭が! 「目とくちばしを見て投げ捨てた」と女性(米)
米ペンシルベニア州在住の女性が、注文したチキンウィングに鶏の頭が混入していることに気づきFacebookに投稿したところ、大きな反響があった。鶏の頭はかなりグロテスクで、女性は一目見ると思わず投げ捨てたという。『FOX59 News』『TODAY』などが伝えている。...
別窓で開く

「僕は別次元にいた」1988年のモナコで覚醒したアイルトン・セナ。94年のグリッドに“マイスター”の姿はなかった【名ドライバー列伝〈中編〉】
そのレーシングキャリアにおいて、数々の名シーンを演じたアイルトン・セナ。とりわけ伝統のモナコGPでは、前編で紹介した1984年をはじめ、格別の光を放った。「モナコでの勝利は他のグランプリの3勝分に値する」ともいわれ、セナの通算6勝はグラハム・ヒル、ミハエル・シューマッハの5勝を上回って史上最多。ポー...
別窓で開く

「アメリカ兵が味方を殺した」サミュエル・L・ジャクソンの役者魂が炸裂する『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』場面写真解禁
1966年4月、ベトナム戦争で多くの兵士たちの命を救うために命を捧げた空軍兵がいた。彼の名は、ウィリアム・H・ピッツェンバーガー。英雄として讃えられるはずの彼には名誉勲章は授与されることはなかった。なぜ、名誉勲章は30年も却下され続けたのか。今、一人の青年が衝撃の真実を暴く。...
別窓で開く

【プエルトリコ野球“復権”の理由:後編】“新時代の育成法”で好選手を輩出
数多くの名選手を輩出しながら、一時は危機に瀕していたプエルトリコ野球。しかし、2013年、17年のWBCで2回連続準優勝を果たすなど、近年は再び勢いを取り戻している。そこには一体どんな要因があるのか?中南米野球取材をライフワークとする気鋭のライターが“復権”の理由を探る。...
別窓で開く


<前へ1次へ>