本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「戦力充実度」と「財政余裕度」から診断! 23年オフのFA市場で大谷翔平と最もマッチするチームは?【ナ・リーグ編】<SLUGGER>
2023年シーズン終了後にFAとなる大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。その頃、彼に最もフィットする球団は果たしてどこなのか? 主力選手との契約内容や若手の育成状況、そして何より「24年以降に勝てるかどうか」。さまざまな要素から、大谷との「マッチ度」を検証する。...
別窓で開く

大谷翔平は投手成績を加味せずとも「DH部門のトップ候補だ」 米メディアが“昨季以降のスタッツ”をもとに絶賛
二刀流スターに対する現地の評価は依然として揺らがないようだ。【動画】メッツ戦で放った13号2ラン! 大谷の最新ホームランをチェック 現地時間6月17日、米スポーツ専門メディア『Bleacher Report』は、「各ポジションにおける現在のMLBベストプレーヤー」と題した特集を掲載。...
別窓で開く

“投手王国”ブルワーズは懐疑的でも、球界全体ではおおむね好評。今季から導入のサイン伝達時計ピッチコム「利用者の声」<SLUGGER>
MLBでは今季から、主にバッテリー間のサイン伝達に使うウェアラブル端末「ピッチコム」を導入している。開幕1ヵ月半が経過した現在、この新システムはどのように受け入れられているのだろうか? ピッチコムは、捕手がリストバンドに装着する端末と、投手や他の野手が装着するヘッドセットで構成される。...
別窓で開く

鈴木誠也の“神ってる”選球眼を示す「3.1%」。好スタートを呼んだボール球への対応力
4月7日(現地)に開幕を迎えた2022年のメジャーリーグ。今年も大谷翔平(エンジェルス)は大活躍するのか、新たなスターは台頭するのか楽しみが尽きないが、その中で“ジャパンの4番”が好スタートを切っている。...
別窓で開く

大谷は2年連続MVPなるか、ダルビッシュは初のサイ・ヤング賞?現地記者5人のアウォード予想<SLUGGER>
いよいよ開幕を迎えた2022年のメジャーリーグ。SLUGGERでは、5人の現地記者にMVPとサイ・ヤング賞受賞者予想に加え、「最も興味深い選手」も挙げてもらった。各記者の回答をさっそく見ていこう。...
別窓で開く

「シカゴの寒い天候を鈴木はどう思うだろうか?」GMの懸念と思わぬ幸運。現地記者が明かす鈴木誠也カブス入団秘話<SLUGGER>
3月14日の夜、カブスの球団幹部たちは自分たちをアピールするチャンスを得た。ロサンゼルスのレストランで、獲得を目指していた鈴木誠也と夕食をともにすることになったのだ。ジェド・ホイヤー編成総責任者は、チームの分析部門が提起した鈴木についてのある懸念を確かめようとしていた。...
別窓で開く

大谷翔平は「最高の投手と言えない」。鉄人リプケンの弟が語ったサイ・ヤング賞獲得の可能性「MVPは5年は最有力だけど——」
昨季に“リアル二刀流”でシーズンを完遂し、球界を席巻した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。メジャー挑戦5年目を迎えるサムライへの評価は、すこぶる高い。【動画】スモルツも唸った大谷翔平の『伝家の宝刀』スプリットでの奪三振シーン 当然の評価ではある。...
別窓で開く

ルーキーで本塁打王獲得でも上がらない年俸——MLB労使交渉最大の争点、若手選手への「ボーナスプール制度」を解説<SLUGGER>
ロックアウトが続くMLBでは現地2月12日、選手会とオーナー側の間で新たな交渉が持たれたが、残念ながらまたも合意には至らなかった。交渉の大きな争点で、かつ互いの主張が隔たっているのが、新たに導入される予定の若手選手向けの「ボーナスプール」の内容だ。「ボーナスプール」が何かを説明する前に、今回の労使紛...
別窓で開く

歴史の幕開けの瞬間、NYファンを黙らせた一発——大谷翔平が魅せた2021年「ベストゲーム」7選 <SLUGGER>
球史に残る大活躍を見せ、世界を席巻した大谷翔平(エンジェルス)。今季は数々の名場面を作ってきたが、編集部が絞りに絞って「7つ」の試合を選定した。☆リアル二刀流”初お披露目で161キロ&特大ホームラン(4月4日/ホワイトソックス戦)  歴史の幕開けとなったのは間違いなくこの試合だ...
別窓で開く

ア・リーグMVPは大谷で決まりだが…混迷するナ・リーグMVPと両リーグのサイ・ヤング賞争い<SLUGGER>
レギュラーシーズン終了まで1か月を切った。どのチームがポストシーズンへ進むのかとともに、どの選手がMVPやサイ・ヤング賞を受賞するのかも少しずつ見え始めてきた。 ア・リーグのMVPは、大谷翔平(エンジェルス)で決まりだ。ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)は後半戦に失速。...
別窓で開く


<前へ12次へ>