本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ステフィン・カリー——ウォリアーズの“象徴”となった男が、プロ入り時にニックス行きを望んだ理由【NBA秘話・前編】<DUNKSHOOT>
昨季までの現役13年の間に、レギュラーシーズンMVP2回、ファイナルMVP1回、得点王2回、優勝4回と数々の金字塔を打ち立ててきたステフィン・カリー。今や“ウォリアーズの象徴”と言っても過言ではない存在だが、大学時代の彼には意中のチームが別にあった。 その球団はニックス。...
別窓で開く

レブロンも絶賛する昨季新人王バーンズ。オールスター級への軌跡を歩む俊英の“手応えと課題”とは<DUNKSHOOT>
NBAプレーヤーにとって、キャリアでたった一度しか受賞チャンスがないアウォード。それは、デビューした年にだけ選ばれる権利を持つルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)だ。 そして2021−22シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは、トロント・ラプターズのスコッティ・バーンズ。ラプターズ史上3...
別窓で開く

今季のレイカーズの“最重要選手”はデイビス?新指揮官ハムが断言「彼なしでは上手くいかない」<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルックのビッグ3を擁しながらも、昨季はプレーオフどころかプレーイン・トーナメント参戦すら逃したロサンゼルス・レイカーズ。依然としてウエストブルックにはトレードの噂が付きまとうものの、再びこのトリオ体制で臨む今季こそ、絶対に失敗は許されな...
別窓で開く

キングスの躍進を現地記者が大胆予想「プレーオフ不出場記録が途切れ、マレーが新人王、フォックスはオールスターに選ばれる」<DUNKSHOOT>
ディフェンディング・チャンピオンのゴールデンステイト・ウォリアーズのほか、昨季リーグベストの64勝18敗(勝率78.0%)をマークしたフェニックス・サンズ、同2位の56勝26敗(勝率68.3%)を記録したメンフィス・グリズリーズと、群雄割拠の様相を呈している今季のウエスタン・カンファレンス。...
別窓で開く

「俺はまだ記録を持っている!」元ウォリアーズのアリナスが最強シューターのカリーに“対抗” 「104本打って100本決めた」<DUNKSHOOT>
「NBA史上最高のシューターは誰なのか?」 このテーマで真っ先に名前が挙がるのは、通算3ポイント成功数で歴代トップ(3117本)を誇るステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)なのは間違いない。そのほかではレイ・アレン(元ミルウォーキー・バックスほか)やレジー・ミラー(元インディアナ・ペ...
別窓で開く

「難しい決断だった」ウォリアーズの名脇役が新天地にラプターズを選んだ理由<DUNKSHOOT>
NBAは現地時間7月6日(日本時間7日)にフリーエージェント(FA)選手との契約が解禁となり、トロント・ラプターズはオットー・ポーターJr.と複数年契約を結んだことを発表した。 203㎝・89㎏で両フォワードをこなすポーターJr.は、昨季ゴールデンステイト・ウォリアーズでローテーション入りし、レギュ...
別窓で開く

【NBAドラフト候補】フランスの大器ウスマン・ジェン。欧州発、NBL経由で目指す世界最高峰の舞台<DUNKSHOOT>
来週23日にニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される2022年のNBAドラフトには、NCAA在籍中の選手を除く、14人のインターナショナル選手(アメリカ国籍外の選手)がアーリーエントリーしている。 そのなかで、最高位での指名が期待されているのが、フランス出身の19歳、ウスマン・...
別窓で開く

八村塁がU17W杯の歴代“大物選手”7位に選出!トップ2はNBAファイナルを戦う両チームのフォワード<DUNKSHOOT>
7月2〜10日にスペインで開催される「U17バスケットボール ワールドカップ」を前に、FIBA(国際バスケットボール連盟)が過去の同大会出場選手の中から“biggest name(大物選手)”トップ15を発表。日本の八村塁が7位に選ばれた。...
別窓で開く

「素晴らしいベテラン陣が導いてくれた」ウォリアーズのグリーンが2015年の初優勝を回想「今は俺たちが手本」<DUNKSHOOT>
現地時間5月31日、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、6月2日からスタートするボストン・セルティックスとのNBAファイナルを前に、初優勝を飾った当時を振り返った。...
別窓で開く

「今のNBAはジョーダン引退以降、最高のレベル」元選手のローズが主張「MVP投票でKD、レブロン、ステフはいない」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAは、MVPの最終候補にヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が名を連ねた。1990〜2000年代にNBAでプレーした元選手のジェイレン・ローズは、リーグのレ...
別窓で開く



<前へ1234次へ>