本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



オペラ「ウィリアム・テル」初演(1829年8月3日)
 スイスの伝承に登場する英雄ウィリアム・テル。クロスボウの名手で息子の頭上をリンゴを射貫いた物語は有名です。ウィリアム・テルは14世紀の初めにスイスのウーリ州の州都アルトドルフに住んでいたとされ息子の頭上のリンゴを射貫いたのもこの地で行われたとされています。...
別窓で開く

鬼の正体は死体だった? 現役医大生が、科学でオカルトを斬る。
 日本は「呪い」大国だ。映画『リング』や藁人形といった「呪い」のイメージが広く定着し、合格祈願や願掛けなどの呪術的な行為も当たり前に存在する。『呪術廻戦』、『鬼滅の刃』など呪いや怪異をモチーフにした作品も人気を博している。 人々は「呪い」を恐れ、同時にその魅力に惹きつけられてきた。...
別窓で開く

歴史家ティモシー・スナイダーの『赤い大公 ハプスブルク家と東欧の20世紀』(訳:池田年穂/慶応義塾大学出版会)は、“高貴な血”を受け継ぐハプスブルク家の王子ヴィルヘルム(ヴィリー)の、歴史の激動のなかで忘れ去られていた数奇な人生を発掘し、それを東欧やウクライナの現代史と重ね合わせて高い評価を得た。原...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、オリンピックやW杯に出場した国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。新刊『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する...
別窓で開く

假屋崎省吾、“ありえない”コース料理を公開「凄い」「夢のよう」の声
華道家の假屋崎省吾が10日に自身のアメブロを更新。“ありえない”コース料理を公開した。この日、假屋崎は「今夜は東京南平台にあるハプスブルク家の晩餐会に御招待いただき」とレストランを訪れたことを報告。「ちょっとありえないメニューをいただいてまいりました〜っ」と料理について感激した様子でつづった。...
別窓で開く

“出会い”がテーマ!デメルのバレンタイン
◆テーマは“出会い”。1786年創業の歴史に裏付けられた確かな味わいが紡ぐコレクション「デメル」【バレンタイン2022】オーストリア ウイーンの老舗「DEMEL」の2022年のバレンタインは“出会い”がテーマ。大切な人へ想いを届ける日にふさわしい優雅なチョコレートが、心踊るロマンチックなパッケージで...
別窓で開く

『エリザベート』上演決定 シシィは花總まり&愛希れいか、トートに山崎育三郎・古川雄大・井上芳雄
女優の花總まりと愛希れいかがダブルキャストで主演する東宝のミュージカル『エリザベート』が、10月より東京・帝国劇場はじめ4大都市にて上演されることが決まった。前回2020年に予定されていた4大都市公演は、新型コロナウイルスの影響で全公演中止となっていた。 自由を愛し、類なき美貌を誇ったハプスブルク帝...
別窓で開く

「ロンギヌスの槍」って本当にあったんだ!? 呪術で読み解く世界史
人気漫画『呪術廻戦』でも描かれている呪術。漫画の中身はフィクションですが、呪術自体は陰陽道として日本の歴史の重要なファクターとして登場します。そして、それはなにも日本に限った話ではありません。海外でも陰陽師に近い人たちは存在するのです。モンゴルでのシャーマン、キリスト教世界では高位の聖職者と呼ばれた...
別窓で開く

古川雄大「どこかミステリアスで…」 色っぽさを感じる俳優の特徴は?
舞台の上で映える、漫画から抜け出たような頭身の持ち主。そのノーブルな雰囲気もあって、『エリザベート』の黄泉の帝王・トートや、『黒執事』の悪魔で執事・セバスチャンといった、この世のものではない役柄もリアルな存在としてそこに具現化させてしまう古川雄大さん。「トートは、“死”という本能に訴えかけるような存...
別窓で開く

古川雄大「魂に訴えかけてくるものがある」 ミュージカルの官能性を語る
まっすぐ美しく響く歌声とミステリアスな雰囲気を纏う、古川雄大さん。日本ミュージカル界をもり立てる古川さんに、ミュージカルに潜む官能性についてお聞きしました。今回のテーマは、ミュージカルの官能性。観客としてそれを感じた経験はあるのだろうか。「ブロードウェイの舞台を観た時に味わった感動が近いのかなと思い...
別窓で開く


<前へ12次へ>