本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



太田光と政治家がメタバース空間で激論 TBS『選挙の日2022 私たちの明日』
第26回参議院議員選挙の投開票日である7月10日に『選挙の日2022 私たちの明日』(TBS系)が、夜7時57分から約5時間に渡り生放送される。画像をもっと見る■TBS選挙特番のテーマは「変わる」今回のTBS選挙特番のテーマは「変わる」。選挙の結果をしっかり伝えることはもちろん、変化に立ち向かう日本...
別窓で開く

『ククルス・ドアンの島』は面白い! でも、関連ガンプラは相変わらず転売されてる模様
プレミアムバンダイより。来年1月の発送だついに公開された映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』。僕もつい先日観賞することが叶った。今日はこの映画を観た感想について、直接的なネタバレは避けつつ、いちガンダムオタクとして感じたモノについての話をしていきたい。「まだ観ようかどうか悩んでる」という方...
別窓で開く

王道ロマコメは何度でも観たくなる! ヒュー・グラントの魅力がたっぷり詰まった『ノッティングヒルの恋人』
『ノッティングヒルの恋人』Film © 1999 Universal Studios. All Rights Reserved.■ヒュー・グラントLOVEこの世の中にはヒュー・グラントにしか演じられないヒュー・グラント役というものがあると私は思う。ちょっと気弱で優柔不断、だけど正直で愛すべ...
別窓で開く

安彦ガンダムの到達点!『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』で描かれた「ニュータイプじゃない未来」
『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』©創通・サンライズ■安彦ガンダムがやり残した「ニュータイプじゃない未来」1979年に放送された『機動戦士ガンダム』、いわゆるファーストガンダムでキャラクターデザイン・作画監督を担当した安彦良和氏が、2001年に自らの手でファーストガンダムのコミカ...
別窓で開く

カンヌ受賞結果!! 男優賞ソン・ガンホ『ベイビー・ブローカー』是枝監督作!最高賞パルム・ドールに『トライアングル・オブ・サッドネス』【カンヌ映画祭】
1,パルム・ドール『トライアングル・オブ・サッドネス』リューベン・オストルンド監督2,グランプリ『クローズ』ルーカス・ドン監督3,男優賞ソン・ガンホ『ベイビー・ブローカー』是枝裕和監督4,監督賞パク・チャヌク『Decision to Leave』5,カメラ・ドール特別賞 早川千絵監督『プラン75』6...
別窓で開く

ジョージ・ミラー新作を語る!魔人役イドリス・エルバ&学者役ティルダ・スウィントン共演『Three Thousand Years of Longing』【カンヌ映画祭レポート】
『Three Thousand Years of Longing』ジョージ・ミラー■以前のカンヌ映画祭でジョージ・ミラー監督がティルダに出演依頼古今東西の”物語”を研究している学者の前に「三つの願いをかなえてやろう」という魔神が現れる。しかし魔神は相手を間違えた。...
別窓で開く

鬼才パク・チャヌク監督インタビュー!最新作は<容疑者×刑事>の複雑かつ奇妙な恋愛ミステリー!!【カンヌ映画祭】
第75回カンヌ映画祭『Decision To Leave(英題)』記者会見 (左から)タン・ウェイ、パク・チャヌク監督、パク・ヘイル2004年に『オールド・ボーイ』でグランプリを受賞して以来、カンヌの常連であるパク・チャヌク。...
別窓で開く

カンヌ上映後の是枝監督の最新インタビューが到着!!『ベイビー・ブローカー』公式上映で12分間のスタンディングオベーション!【カンヌ映画祭レポート】
『ベイビー・ブローカー』 第75回カンヌ映画祭公式上映 (左から)是枝裕和監督×ソン・ガンホ©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED2022年6月24日(金)より公開となる是枝裕和監督作『ベイビー・ブローカー』。...
別窓で開く

ブルガリを纏ったアン・ハサウェイが第75回 カンヌ国際映画祭に登場
アカデミー賞女優のアン・ハサウェイは、ジェームス・グレイ監督作品「アルマゲドン・タイム」のプレスデーに、24カラットのダイヤモンドがあしらわれた「セルペンティ」のハイエンドウォッチ、ブレスレットとリングを身に纏いました。...
別窓で開く

絶縁状態の姉弟の“根深い確執”を描く!フランスの名匠デプレシャン監督、マリオン・コティヤール×メルヴィル・プポー共演『姉弟』【カンヌ映画祭レポート】
YouTube「監督週間」と「ある視点部門」各1回の出品に加え、7回目のコンペ選出になるアルノー・デプレシャン監督。今やカンヌを代表する常連監督の一人と言っていいだろう。今回も新作『姉弟(原題)』(2022年)を持ってカンヌ入りした。今回の主役はどちらもフランスの人気スター、マリオン・コティヤールと...
別窓で開く



<前へ123456789次へ>