本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



評論家と専門店スタッフが太鼓判!最新オーディオ&ビジュアル【安くても傑作モノ】
【安くても傑作モノ】イエナカエンタメの代表格であるオーディオ&ビジュアル。「いかにコスパ良く良質なAV環境を構築するか」をテーマに、識者とオーディオ専門店のスタッフが対談。そこから導き出されたオススメの逸品を紹介する!(写真左)オーディオ・ビジュアル評論家鴻池賢三さんAV機器メーカーでの勤務経験を活...
別窓で開く

雰囲気も音も抜群!JBLのBluetooth対応スピーカーにあらゆる音を集約せよ!
部屋に置いてあるだけでグッと雰囲気を高めてくれそうな、このクラシックなデザインのスピーカーは、昨年ブランド創設75周年を迎えたJBLから登場したインテグレーテッド・ミュージックシステム「L75ms」(19万8000円)。スピーカーシステム「L100 Classic 75」、プリメインアンプ「SA75...
別窓で開く

美しいフォルムから高音質をパワフルに奏でるB&Wのワイヤレススピーカーがスマート化!
パっと見UFOとも思えるこの物体は、高級オーディオブランド・Bowers & Wilkins(バウワース アンド ウィルキンス)から登場するワイヤレススピーカー「Zeppelin(ツェッペリン)」(11万5500円)。元はiPodドックスピーカーとして誕生した「Zeppelin」も今作で4世...
別窓で開く

高音質の核になるテクニクスのフルデジタルアンプ搭載ネットワークCDレシーバー
いまどき音楽を楽しむツールといえばスマホやDAP、自宅であればPC+スピーカーなんてのが一般的ですが、アラフィフ・アラフォー世代であれば若かりし日、おそらく誰もが持っていたのがミニコンポ。CDもラジオもMP3音源も、ミニアンプからスピーカーに出力して聴くのが普通でした。...
別窓で開く

Sonosのコンパクトなサウンドバー「Sonos Beam(Gen 2)」が発売 スカパー!のサブスク「PLUSY」での年内提供も発表
Wi-Fiスピーカーで知られるSonosのコンパクトなサウンドバー「Sonos Beam」新モデル「Sonos Beam(Gen 2)」が11月18日に発売されました。希望小売価格は5万9800円(税込)。Dolby Atmosによる立体感のあるサウンド再生に対応、高音域を再現する中央のツイーター、...
別窓で開く

iPadから高音質で音楽を聴くなら断然「AirPlay」利用がオススメ!
【iPadで始めるAV環境最強化計画】iPadユーザーが音楽を聴くソースとしては、Apple Musicなどの定額音楽配信サービスが定番かもしれません。またYouTubeも広い意味では音楽リスニングのソースとして定着しています。前回はイヤホンを通じてiPadで高音質で音楽を聴く方法を紹介しましたが、...
別窓で開く

SonosがDolby AtmosやAmazon MusicのUltra HDに対応するコンパクトなサウンドバー「Sonos Beam(Gen 2)」を年内発売へ
Wi-Fiスピーカーで知られるSonosは、コンパクトなサウンドバー「Sonos Beam」の新モデルである「Sonos Beam(Gen 2)」を発表。日本では年内に発売を予定しています。Dolby Atmosによる立体感のあるサウンド再生に対応。...
別窓で開く

具体的な用途を想定して選ぶホームオーディオ機器4選【全部Amazonで買えるモノ】
【特集】全部Amazonで買えるモノサウンドバーやスマートスピーカーなど、リビングで使うオーディオもネット通販で人気があるジャンルのひとつ。イヤホンなどより大型で高価なためやや不安な面もあるが、使い方を具体的に想定すれば目当ての商品を見つけやすい。...
別窓で開く

アンダー10万円で選ぶステップアップオーディオ【趣味空間を作る傑作モノ】
【特集】趣味空間を作る傑作モノおうち時間が増えたことで、より良い音を楽しみたいと考える人が増えている。現状のオーディオ機器からのステップアップを目指すなら、まず注目すべきは “ アンプ ”と“ スピーカー ”。アンダー10万円の投資でも音は確実に良くなるからだ。オススメの組み合わせをオーディオ・ビジ...
別窓で開く

設置場所に応じて音質を調整するテクニクスのニューサウンド
最近は音楽ストリーミングサービスが普及・拡大していくにつれて、より気軽に音楽を楽しめるようになりました。一方で、ハイレゾ音源など高音質の音源も普及しており、さまざまな音楽コンテンツを高音質で楽しむニーズも高まりつつあります。これまで音楽を高音質で楽しむためには、音響に関する高度な知識が必要でしたが、...
別窓で開く


<前へ1次へ>