本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



音にスペック全振りならではの超高音質!AVIOT「TE-BD21j-ltd」は音重視派にはコスパ最強かも
<イヤホンレビュー>音楽リスニングで大活躍する完全ワイヤレスイヤホン。今年もたくさんの機種が発売されましたが、オーディオの専門家である僕が見た2021年の完全ワイヤレスイヤホン最大のテーマは高音質でした。プレシードジャパンが11月5日にAVIOTブランドで発売した「TE-BD21j-ltd」は、そん...
別窓で開く

無線もOK!高性能Bluetoothコーデックでリスニング環境を操ろう
1台4役のメディアHUB機能として、こだわり派のオーディオファンから熱い支持を集めていたFiiO Electronicsの高機能USB DAC「BTA30」が、機能を大きくアップデートさせた新モデル「BTA30 Pro」(予想実勢価格:1万5950円前後)としてリニューアル。...
別窓で開く

Sonosのコンパクトなサウンドバー「Sonos Beam(Gen 2)」が発売 スカパー!のサブスク「PLUSY」での年内提供も発表
Wi-Fiスピーカーで知られるSonosのコンパクトなサウンドバー「Sonos Beam」新モデル「Sonos Beam(Gen 2)」が11月18日に発売されました。希望小売価格は5万9800円(税込)。Dolby Atmosによる立体感のあるサウンド再生に対応、高音域を再現する中央のツイーター、...
別窓で開く

「鬼滅の刃」コラボ「ウォークマン」&イヤホン 全7種のデザイン
ソニーマーケティングは、アニメ「鬼滅の刃」コラボレーションモデル第2弾の携帯音楽プレーヤー「ウォークマン NW-A55/KMT」と完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4/KMT」の注文受付を、2021年11月11日にソニーの通販サイト「ソニーストア」などで開始した。...
別窓で開く

懐かしの真空管プリメインアンプで音質と部屋の格調を上げてみない?
ストリーミング配信で音楽を聴くのが定番となった昨今。その一方で、CDやレコードなどの旧音源をオーディオ機器で楽しむオールドなスタイルが、リアルタイムで薫陶を受けた世代だけでなく、若年層にも人気を博しています。...
別窓で開く

LDACのハイレゾ音源再生とANCに対応する新フラッグシップモデル Ankerが完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 3 Pro」を発売
アンカー・ジャパンは11月4日、オーディオブランド「Soundcore」から完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 3 Pro」を発売しました。LDACのハイレゾ音源の再生とアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能に対応するフラッグシップモデル。...
別窓で開く

「木」の振動板採用の完全ワイヤレスイヤホン 「Victor」ブランドから
JVCケンウッドは、「Victor」ブランドから、完全ワイヤレスイヤホン「HA-FW1000T」を2021年11月上旬に発売する。 "木"が奏でる美しい響きと自然な音の広がりを実現する「WOOD」シリーズから、振動板に"木"を採用する独自の音質向上技術を完全ワイヤレスイヤホンでは初搭載したという。...
別窓で開く

音楽も通話もゲームも高レベル!AVIOTの最新フラッグシップが登場!
日本人好みのサウンドと高いコストパフォーマンスで人気上昇中のオーディオメーカー、AVIOTから、現行フラッグシップモデル「TE-BD21j」をさらにバージョンアップさせた完全ワイヤレスイヤホン「TE-BD21j-ltd」(1万9800円)が登場、11?5?の発売に先駆けて10?26?より予約を受け付...
別窓で開く

名門オーディオブランドの音づくりを堪能できる完全ワイヤレスイヤホン5選
オーディオ機器のメインストリームとなった完全ワイヤレスイヤホン。登場した頃は、切れやすい、音がイマイチなどさまざまな問題点がありましたが、それも今や昔。急速に技術は進化し、いまやノイズキャンセル機能すら当たり前に搭載されるようになりました。...
別窓で開く