本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「軽バンに300万円は高い」世間の声に、オートバックス“新車”開発者の回答は?「『軽自動車だから…』という概念を払拭したい」
昨今のアウトドア・キャンプブームを追い風に、軽自動車のハイトワゴン・バン市場は、その高い経済性と積載力から人気を集め今や群雄割拠。そんななか昨年11月、オートバックスセブンが展開する「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)が発表した新車は、ダイハツ『ハイゼットカーゴ クルーズターボ』をベース...
別窓で開く

標準ボディのハイエースならキャンピングカー仕様でも普段使いしやすいですよ
車内に生活に必要な設備が整っているキャンピングカーは、走っている時は高い機動力を活かすことができ、クルマを止めれば生活の場所になる、まさに走る家。制約がない気ままな旅は魅力的で、いつかは手に入れたいと思っている人も多いのではないでしょうか。ただ、キャンピングカーで問題となるのはそのサイズ感。...
別窓で開く

やっぱり完成度高し!ついにコールマン仕様のキャンピングカーが登場したぞ!
近年、ますます人気が高まっているキャンピングカー。すでに保有している人もまだの人も思わず注目してしまう、完成度の高い一台が登場しました。それが、国内のキャンピングカービルダー・日本特種ボディー(NTB)のオフロード系キャンピングカー「EXPEDITION EAGLE」と人気のアウトドアブランド「Co...
別窓で開く

タウンエーストラックの荷台に乗っけるだけ。見た目も使い勝手も高級キャンピングカーのよう!
海岸沿いでも、また山中でも、駐車した場所を拠点にすることができる“キャンピングカーでのキャンプライフ”は、キャンパーにとって“究極の理想形”といえるスタイルですよね。ただ、キャンピングカーはその構造と設計ゆえに運転の難易度がそれなり以上に高く、また価格もピンキリとはいえ思い立ったら即購入できる類のも...
別窓で開く

大手カー用品チェーンのオートバックスセブンは、同社オリジナルのキャンピングカー・レーベルであるゴードンミラーモータースの新型モデル「GMLVAN S-01(ジーエムエルバン エスゼロワン/以下、S-01)」を2022年11月22日に発表した。ダイハツ工業(以下、ダイハツ)の軽商用バン「ハイゼットカー...
別窓で開く

雨の日のリアドラレコやバックカメラの映像って厳しい!だったら「フィルム」を貼ってクリアにしちゃおう!
設置する人も増えてきたリアカメラ付きのドラレコですが、リアガラス越しの撮影となるため、雨の日にはガラスについた雨粒で映像が見づらくなり、肝心な場面が撮れない…という場合も。フラントガラスと違ってついついワイパーを忘れがちだったり、またはリアワイパーのない車という場合でも、しっかりと映像を残したいなら...
別窓で開く

これはうれしい!メガネに取り付けるサングラスなのに野暮ったさ皆無!
サングラスにかけ替えることなく、メガネを装着した状態でその上からかけられるオーバーグラスは非常に便利なアイテムですよね。ただ、その構造ゆえに大ぶりなサイズとなるため、野暮ったい印象になってしまうのが悩みどころ。運転中はともかく、レジャー時にかけるのはデザイン的にちょっと…という理由で敬遠している人も...
別窓で開く

ゴードンミラーモータース待望の新作は「ハイゼットカーゴ」ベース!めっちゃかっこいいぞ!
今やひとり旅のジャンルのひとつとしても確立されつつある“ソロ車中泊”。車があればどこへでも自由に旅をできて、宿泊代がかからないので経済的。さらにはアウトドア初心者でも、手軽にキャンプ気分を味わえるとあって人気です。そんなソロ車中泊にピッタリなクルマが、GORDON MILLR MOTORS(ゴードン...
別窓で開く

5ナンバーとどこが違う? 「4ナンバー軽」を愛車にするメリットとデメリット
今年8月に発売されて話題を集めているのがスズキの新型となるスペーシアベース。タフな道具感を演出したモデルで、受注も好調だという日常の足だけではなく、仕事も遊びもこなせるクルマとして注目されている4ナンバー軽だが、5ナンバーの軽とは何がどのように違うのだろうか? 自動車専門誌の元編集長というキャリアを...
別窓で開く

広さが魅力!ダイハツ「アトレー」「ハイゼット」系キャンピングカー4選
2021年12月に16年7カ月ぶりのフルモデルチェンジを行った軽ワンボックスのダイハツ「アトレー」。最大のトピックは先代が5ナンバー車だったのに対し、貨物仕様の4ナンバー車になったことでした。ダイハツには「ハイゼットカーゴ」という4ナンバーの軽バンがあるのに、なぜ「アトレー」も4ナンバーなのか。...
別窓で開く


<前へ12次へ>