本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアを「北朝鮮化」してアメリカに挑もうとする中国の狙い
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

北朝鮮の刑務所職員が「温和な人」に総入れ替えされた理由
北朝鮮における人権侵害事例の調査とアーカイブ化を行っている韓国のNGO、北朝鮮人権情報センター(NKDB)によると、確認できただけで北朝鮮には23ヶ所の教化所(刑務所)が存在する。その資料には記載されていないが、北部山間地の慈江道(チャガンド)の城干(ソンガン)郡には、道内唯一の6号教化所(刑務所)...
別窓で開く

オフト時代に初招集の可能性も「無理です」と拒否【ファルカン・ジャパンの“10番”岩本輝雄の栄光と苦悩の記憶|EP1】
<プロローグ> もう大丈夫だろう、と勝利を確信して、岩本輝雄はベッドにもぐりこんだ。 1993年10月28日の深夜。高校卒業後に加入したフジタ(現・湘南/当時は2部リーグにあたるJFL所属)で3年目を迎えていた21歳のテルは、テレビを消した。明日も練習がある。少しでも早く寝ておかないと。...
別窓で開く

運命のイラク戦、ラモスは「俺じゃなく中山を選んだ。その決め手は…」【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP5】
 まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦...
別窓で開く

今でも覚えているジャストミートの感触。「俺の中では完璧だった」【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP4】
 まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦...
別窓で開く

7年間勝てなかった韓国に…。オフトマジックの正体【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP2】
 まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦...
別窓で開く

【一番魅力的な日本代表は?】人間臭く、情熱的。幾多の勧善懲悪のドラマを提供してくれた彼らこそ…
 個人的にもっとも思い入れが強い日本代表が、オフトジャパン。今から30年前、どこか人間臭く、情熱的だったそのチームの戦いぶりは実に魅力的で、ドラマチックだった。 当時オフトジャパンで中核を担った福田正博に「あのチームから感じられたパッション(情熱)の正体は?」と訊いて返ってきた答が、「(ハンス・)オ...
別窓で開く

【名勝負の後日談】ドーハの悲劇〜最後に蹴らせたのは贖罪なのか…? ラモス瑠偉が感じた疑問
 歴史に残る名勝負、名シーンには興味深い後日談がある。舞台裏を知る関係者たちが明かしたあの日のエピソード、その後の顛末に迫る。(文:加部 究/スポーツライター)——◆——◆—— 中東は日本人にとって、そしてワールドカップは日本サッカー界にとって未知の世界だった。...
別窓で開く


<前へ1次へ>