本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



30年目のJリーグ、歴代最強パサーベスト5! 川崎を象徴した“パスの玉手箱”や磐田の黄金期を支えた名手も
 2022シーズンで節目の30年目を迎えたJリーグ。その長い歴史の中で、数々の偉大なプレーヤーが日本サッカー界を盛り上げてきた。本稿では、日本リーグ時代から長きにわたり、日本サッカーを追い続けてきたスポーツライターの加部究氏が、ファンの記憶にも残る強烈なインパクトを残した“J歴代最強パサ...
別窓で開く

現代のビジュアルデザイン文化の源流を探る。東京都庭園美術館で「20世紀のポスター[図像と文字の風景]」展開催
2021年の初春、東京都庭園美術館では「20世紀のポスター[図像と文字の風景]—ビジュアルコミュニケーションは可能か?」展を開催いたします。本展は、多摩美術大学の企画協力により、株式会社竹尾のポスターコレクションから構成主義のポスターを厳選し、一堂に公開するものです。早春から桜の季節にかけて、この時...
別窓で開く

あのブラジル人J戦士はいま【第8回】エジムンド——あわや刑務所行きだった“野獣”が意外な転身「日本でのプレーが貴重な財産に…」
 日本でプレーした期間は約1年半と短かったが、創造性あふれるプレーと悪童ぶりで強烈な印象を残した。 細かいタッチのドリブルで、マーカーを翻弄。スピード勝負でも、絶対に負けない。強烈なミドルシュートを叩き込むかと思えば、CBと競り合いながら泥臭いゴールも決めるーー。エジムンドは高度なテクニックを駆使す...
別窓で開く

王者バイエルン、指揮官は昨季のチームと比較「それぞれに長所と短所がある」
 バイエルンのハンス・ディーター・フリック監督が、王者として挑む今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に向けて意気込みを語った。20日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。 バイエルンは昨シーズンのCL決勝からわずか26日で今シーズンのブンデスリーガが開幕。...
別窓で開く

「俺は森保監督を全面的に応援している」。福田正博がそう言い切る理由と根拠
 2018年のロシア・ワールドカップでベスト16入りを果たし、4年後のワールドカップではさらなる躍進を遂げるのか。そう期待しているサッカーファンは少なくないだろう。しかし、元日本代表の福田正博は「ここから日本代表が上がれるかは大変な話。相当努力をしてきて、もしかすると今後、劇的なレベルアップは望めな...
別窓で開く

「なんだよ、ふざけんなよ…」。キリンカップ後に頂点へ達した怒り【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP1】
 「話さなくていいなら、しゃべりたくない話」と福田正博は言う。 “ドーハの悲劇“のことである。1993年10月28日、カタールの首都ドーハで行なわれたアメリカ・ワールドカップのアジア最終予選、勝てば本大会出場が決まるイラク戦で試合終了間際まで2−1とリードしていた日本が最後の...
別窓で開く

「サッカーが嫌いに…」「物凄く辛かった」7か月で終焉したファルカンJAPANの真相【名勝負の後日談】
 暗中模索の代表監督選考は、いくつもの矛盾や疑問符を生み出した。「ドーハの悲劇」を経てJFA(日本サッカー協会)の強化委員会は「(ハンス)オフトでも修羅場の経験が不足していた」と総括し、後任に据えたのが1982年スペイン・ワールドカップで活躍したブラジルが誇る黄金のカルテットのひとり、ファルカンだっ...
別窓で開く

日本代表、出場16名の現在 ドイツ代表と初対戦の2004年メンバーは?
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、JFA(日本サッカー協会)は過去の印象的な試合を動画配信サービスで無料配信している。24日に配信されるのは、2004年12月16日に開催されたキリンチャレンジカップ2004のドイツ代表戦。日本代表がドイツ代表と初めて対戦したゲームだ(注:西ドイツ時代を除...
別窓で開く

センターバック進化論【雑誌SKアーカイブ】
[サッカーキング No.002(2019年5月号)掲載]進化とは進歩ではない。変化であり適応である。ヒトが尾を失ったことを退化と言うが、これも進化の一種だ。つまり、ここに名を挙げる者たちの間に、優劣はない。等しく時代の要請に応え、独自の進化を遂げたのだから。...
別窓で開く


<前へ1次へ>