本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ローゼ監督退任のドルトムント、後任にテルジッチ氏の就任を発表!
ドルトムントは23日、テクニカル・ディレクター(TD)を務めていたエディン・テルジッチ氏がトップチームの指揮官に就任することを発表した。なお、契約期間は2025年6月30日までの3年契約となった。 ドルトムントは昨年夏にマルコ・ローゼ監督を招へいし、今シーズンのブンデスリーガでは22勝3分け9敗、勝...
別窓で開く

「私は100%信頼されていなかった」ドルトムントのローゼ監督が電撃退任!
 まさに青天の霹靂だ。 ドルトムントは現地時間5月20日、マルコ・ローゼ監督との契約を解除したことを発表した。 現在45歳のローゼは、レッドブル・ザルツブルク(17〜19年)、ボルシアMG(19〜21年)で実績を残し、21年夏に4年契約でドルトムントの指揮官に就任。...
別窓で開く

「噂は全部でたらめだ」ドルトムントCEO、ハーランド売却の合意報道を完全否定!「鍵を握っているのは本人だけ」
 ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが、注目を集めるアーリング・ハーランドの去就について語った。英メディア『90min』が9月28日に伝えている。 21歳のノルウェー代表FWは、一昨季の冬にザルツブルクからドルトムントに加入するや、規格外のスピードとフィジカルを武器にゴールを量産。...
別窓で開く

香川、レバンドフスキ、ギュンドアン…伝説の2冠メンバーが来夏に再集結? ドルトムントCEOが注目発言!
 実現すれば、ドルトムント・ファンにとって堪らない試合になるのは間違いない。 5月22日に行なわれたブンデスリーガ最終節、ドルトムント対レバークーゼンは前者のウカシュ・ピシュチェク、後者のスベン・ベンダー、ラース・ベンダー兄弟にとって現役最後のゲームとなった。...
別窓で開く

「CLの改革を歓迎」バイエルンがESL“拒絶”の理由を説明!ドルトムントも「全く同じスタンス」
 ブンデスリーガの2大クラブが不退転の決意を示している。 チャンピオンズ・リーグ(CL)の新フォーマットが承認されるという前日、突如として正式発表された欧州スーパーリーグ(ESL)構想は、世界に大きな衝撃を与えた。...
別窓で開く

ドルトムントCEOは欧州スーパーリーグへ否定的…バイエルン&ライプツィヒも同調
 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、欧州スーパーリーグに対して否定的な立場を表明した。19日、ドイツメディア『DW Sports』が伝えている。 欧州スーパーリーグは18日にスペイン、イングランド、イタリアのリーグに所属する12のビッグクラブによって創設が発表された。...
別窓で開く

ドルトムントCEO、今夏の移籍市場も強気「我々は選手を売る必要が無い」
 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが今夏の移籍動向についてコメントした。14日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。 ドルトムントは20歳の“怪物”ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドをはじめ、21歳のイングランド代表FWジェイドン・サンチョなど、今夏の移籍市場を賑わすようなス...
別窓で開く

「アーリングは売らない」ドルトムントはハーランドの放出を拒否。代理人ライオラが交渉を認める「賛成はしない」
 アーリング・ハーランドのエージェントを務めるミーノ・ライオラ氏が、ドルトムントにはエースを放出する考えがないと認めた。移籍情報サイト『transfermarkt』などが報じている。 ブンデスリーガやチャンピオンズ・リーグ(CL)でゴールを量産する20歳は、この夏のマーケットで最も去就が注目される選...
別窓で開く

ドルトムントCEO、ハーランド&サンチョ残留に自信「話し合うが…」
 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)が、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドとイングランド代表FWジェイドン・サンチョの残留に自信を示した。5日、イギリスメディア『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。...
別窓で開く

ドルトムント、ファーブル監督の解任を発表「素晴らしい仕事をしてくれた」
 ドルトムントは13日、ルシアン・ファーブル監督の解任を発表した。なお、コーチを務めるマンフレッド・シュテフェス氏の解任も同時に発表している。 2018年7月からドルトムントを指揮したファーブル監督は、3シーズン目の途中でクラブを去ることとなった。ドルトムントでは公式戦通算110試合を指揮し、68勝...
別窓で開く


<前へ12次へ>