本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国防省系メディアであるVOA(ボイスオブアメリカ)は10日、ウクライナ軍が東部ドンバス地域に展開していたロシア民間軍事企業「ワーグナーグループ」の傭兵基地に壊滅的打撃を加えたとするセルヒ・ハイダイ・ルハンスク知事の発表(10日)を伝えた。ハイダイ知事はこの日、戦況ブリーフィングにおいてこのような内...
別窓で開く

欧米で感染拡大“サル痘”に警戒!同性愛を含む性行為が原因か…
(画像)Diana Shilovskaya / shutterstock天然痘に似た発疹が出る「サル痘」が欧米で広がっている。アフリカのリスやネズミなどが感染源で、噛まれるなどして体液に触れると人にも感染するという。...
別窓で開く

ロシア産の“石油”は止められても“天然ガス”は止められない「EUの事情」
ジャーナリストの佐々木俊尚が6月1日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。首脳会議で合意したEUのロシアへの追加制裁について解説した。...
別窓で開く

卓上で夢を実現!絶版&絶品バイクプラモ9選【再びバイクにハマる理由】
【特集】再びバイクにハマる理由いわゆる旧車と呼ばれる一部の絶版モデルの中古車価格はとてつもない高値となり、とてもバイク好きの一般人が買える価格ではなくなってしまった。しかし、プラモデルなら話は別だ。...
別窓で開く

WHO、変異ウイルスの拡散「急変する“転換点”となるかもしれない」
英国と南アフリカ発の新型コロナ変異ウイルスによる事例が増加している中、世界保健機関(WHO)は「新型コロナウイルス感染症大流行の“転換点(Tipping Point)”になるかもしれない」と伝えた。“転換点(Tipping Point)”とは、小さなことが長期間 積み重なることで、ある瞬間 瞬く間に...
別窓で開く

【U-20激闘譜】「日本の1つの指標に」黄金世代の凄さとは何だったのか? 生き証人・播戸竜二の回想録
 90年代以降、日本のユース世代は幾度となくアジアの壁を突破し、世界への挑戦権を手にしてきたが、そこにはこの年代ならではの課題や示唆に富むドラマが隠されている。長きにわたり、日本のU-20年代の取材を続けてきた識者が、ポイントとなった世代をピックアップし、キーマンに直撃。当時のチームについて検証して...
別窓で開く

「俺は森保監督を全面的に応援している」。福田正博がそう言い切る理由と根拠
 2018年のロシア・ワールドカップでベスト16入りを果たし、4年後のワールドカップではさらなる躍進を遂げるのか。そう期待しているサッカーファンは少なくないだろう。しかし、元日本代表の福田正博は「ここから日本代表が上がれるかは大変な話。相当努力をしてきて、もしかすると今後、劇的なレベルアップは望めな...
別窓で開く

謎の吐き気と下痢。自分の身体ではないような感覚に襲われ…【福田正博が語る“オフトジャパンの真実”EP3】
 まだ日本がワールドカップ本大会に出られなかった時代、どこか人間臭く、個性的で情熱的な代表チームが存在していたことを是非、知っていただきたい。「オフトジャパンの真実」としてお届けするのは、その代表チームの中心選手だった福田正博の体験談を基に、「ワールドカップに絶対出る」という使命感を背負って過酷な戦...
別窓で開く


<前へ1次へ>