本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

どんな人にオススメ?EVに向く人、向かない人の見分け方☆岡崎五朗の眼
各国政府の補助金政策も追い風となり、欧州マーケットでは2020年に74万台強のセールスを記録したピュアEV(電気自動車)。日本でも普及はまだまだこれからといった状況の中、ここへ来て新型車が続々と登場しています。そうした情報を耳にし、ここへ来て「EVが気になる」という人も少しずつ増えているようです。...
別窓で開く

「燃料電池車だから」じゃない!僕がトヨタ「ミライ」を買った理由☆岡崎五朗の眼
走行性能の高さなどから、メディアで活躍するクルマのプロからも高評価を得ているトヨタの新型「ミライ(MIRAI)」。そんな新世代の燃料電池車をガレージに迎え入れたのは、モータージャーナリストの岡崎五朗さん。今回はオーナー視点を交えながら、航続距離やランニングコストといった燃料電池車の気になるポイントや...
別窓で開く

5年ぶりに世界一を奪還!コロナ禍で鮮明になったトヨタの強さ☆岡崎五朗の眼
まだまだコロナ禍の影響は収まる気配がありませんが、この事態の最中、改めて“強さ”が浮き彫りになった日本企業が存在します。それは2020年、グループ全体で952万8438台もの新車を世界中のマーケットへと届け、5年ぶりに世界販売台数第1位に返り咲いたトヨタ自動車です。逆風吹き荒れる中でも発揮される同社...
別窓で開く

世界に胸張って「どうだ!」といいたい!!2020年の日本車は大豊作☆岡崎五朗の眼
2020年も間もなく終わり。改めて2020年の日本車事情を振り返ると、コロナ禍で各社の経営状況は芳しくなかったものの、プロダクト自体はいずれも力作ぞろい。輸入車に負けない魅力と実力を備えた注目モデルが多数登場しました。そこで今回は、モータージャーナリストの岡崎五朗さんが2020年に登場した日本車の中...
別窓で開く


<前へ1次へ>