本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ボーイング機もエアバス機も…世界中の飛行機を飛ばしている3大エンジンメーカーとは
世界中で運用されている商用および軍用飛行機のエンジンの多くが、わずか3社で製造されています。プラット・アンド・ホイットニー、GE、ロールス・ロイスの3大メーカーについて、その成り立ちなどを紐解いていきます。飛行機を飛ばしている(物理的な意味で)のはおもにこの3社! 戦闘機、輸送機、旅客機といった飛行...
別窓で開く

日本飛行機 米海兵隊が運用するMV-22「オスプレイ」の整備機体を初受託
日飛のほかにスバルでも整備可能です。厚木基地に隣接する事業所でメンテナンス実施 アメリカ海軍航空システム・コマンド(NAVAIR)は2022年2月15日(火)、重整備が必要なMV-22B「オスプレイ」の最初の機体を、日本飛行機(横浜市金沢区)に引き渡したと発表しました。...
別窓で開く

ジェット機版「オスプレイ」実在!? 2機だけ造られた「音速超え転換航空機」VJ-101の顛末
V-22「オスプレイ」は、飛行中にエンジンそれ自体の向きを物理的に変えることができる機体です。「オスプレイ」はティルト・ローターですが、このジェット機版ともいえる機体が実はありました。 ハリアーやF-35などとはちょっと違う 日本の陸上自衛隊でも運用しているV-22「オスプレイ」は、ヘリコプターのよ...
別窓で開く

空母着艦が「制御された墜落」といわれるワケ わずか2秒で0km/hに 着艦時の衝撃は?
空母に艦載機が着艦するのは、極端に短い滑走距離や強制停止の方法、機体およびパイロットに対する急停止の衝撃などから「制御された墜落」ともいわれ、意外と強引な部分も見られます。巨大空母の飛行甲板も飛行場としては極小 空母における飛行機の運用は、一般的に空母から飛び立つ「発艦」よりも、空母に降りる「着艦」...
別窓で開く


<前へ1次へ>