本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ソン・フンミンはセンター。南野は遠っ」32人の各国スターが集結したW杯ポスターの“立ち位置”に韓国注目!「日本はよく見えない」【2022総集編】
 今年も残すところあと6日となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、カタール・ワールドカップに出場する32か国が決定し後、FIFAが公開したイラストにまつわる記事を再掲する。...
別窓で開く

「罰を受けるべきだった」虹色の腕章を着用しなかったイングランド&ウェールズ代表の主将に、ロイ・キーンが苦言「大きな間違いだ」
 イングランドなどヨーロッパ7か国が下した決断に、元アイルランド代表のロイ・キーンが苦言を呈した。 現地時間11月20日に開幕したカタール・ワールドカップで、当初イングランドやドイツなど欧州7か国は、「One Love」と記され、虹色のハートマークが描かれたキャプテンマークを主将が身に着ける予定だっ...
別窓で開く

W杯が開幕しても英国は盛り上がらず、「通常のAマッチ週間のよう」。ファンはイングランド代表のGS突破を楽観視し…【現地発】
 いよいよワールドカップが始まったが、ここイングランドでは、それまで開幕が近づいているという雰囲気はまったくなかった。 通常なら大会が始まる数週間前にイングランドの旗を掲げた車が走っているものだが、今回は一度も見ていない。直前までプレミアリーグが行われたいたせいもあるだろう。単なる「国際Aマッチウィ...
別窓で開く

「ソン・フンミンはセンター。南野は遠っ」32人の各国スターが集結したW杯ポスターの“立ち位置”に韓国注目!「日本はよく見えない」
 先日、欧州予選や大陸間のプレーオフが終わり、ついにカタール・ワールドカップに出場する32か国が出揃った。 FIFA(国際サッカー連盟)は16日、各国の代表的選手を一人ずつイラストにしたポスターを作成。...
別窓で開く

アグエロ像も「クロース似」と賛否両論…サッカー史上最悪の銅像6選
13日、マンチェスター・Cはクラブのレジェンドであるセルヒオ・アグエロ氏の功績を称え、本拠地エティハド・スタジアムの外に作られた銅像をお披露目した。 この銅像は2012年5月のマンチェスター・C対QPRで、後半アディショナルタイム4分にアグエロ氏がプレミアリーグ優勝を決めた逆転ゴールを記録した直後に...
別窓で開く

W杯POでベイルが圧巻2ゴール! 超絶FK弾に反響!「衝撃の一撃だ」「アンチェロッティ、見てるか?」
 カタール・ワールドカップ(W杯)出場へ負けられない一戦で、特大の輝きを放ったのがウェールズ代表FWのガレス・ベイルだ。 ウェールズは現地時間3月24日、欧州予選プレーオフ準決勝でオーストリアと対戦。25分、敵陣ペナルティエリア付近でMFハリー・ウィルソンが倒されてFKを得ると、ベイルの左足から放た...
別窓で開く

ケインやサンチョの名前も…“新生ニューカッスル”が獲得するかもしれない22選手
 FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは、今夏にビッグネームの獲得を目指すようだ。17日、イギリス紙『Chronicle』が報じた。 ニューカッスルは現在、2007年からオーナーを務めるマイク・アシュリー氏とサウジアラビア共同事業体がバックについた『PCP Capital Partners』の間で経...
別窓で開く

「雑誌SK」アーカイブ│変わりつつあるプレミアリーグ
[サッカーキング No.007(2019年11月号)掲載]1992年のリーグ発足、そして1995年の「ボスマン判決」をきっかけに、選手や監督のグローバル化が進み、外国資本がそれをさらに加速させた。おかげで世界一リッチなリーグにはなったが、同時に失われていったものもある。だが、今シーズンはどうも様子が...
別窓で開く


<前へ1次へ>