本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大人向けのポテトチップス「プライドポテト」をはじめヒット商品の連発で大躍進中の老舗スナック菓子メーカー・湖池屋。同社の佐藤章社長がキリンビールでマーケターをしていたころ、「師」と仰いでいたのが「一番搾り」や「氷結」を生んだ前田仁氏(1950〜2020年)だった。才能は、次の才能を育む。天才マーケター...
別窓で開く

2018年、「政治分野における男女共同参画推進法」が施行された。それなのになぜ、自民党の女性候補者は少ないままなのか。キャスターで社会学者の安藤優子さんは「『ダンナの世話をしながら選挙戦を戦える女性がどの程度いるか?』『選挙は自己責任、つまり選挙資金と一定の支持者がいないと難しい』というイエ中心主義...
別窓で開く

国会議員に占める女性の割合は依然として低いままだ。なぜ女性議員は増えないのか。キャスターであり社会学者の安藤優子さんは「自民党の『女性に対する認識』こそが日本の女性の政治参画への機会を奪う根本原因となっている。そしてそれは戦後から綿々と根を張って現在に至っている」という——。※本稿は、安藤優子『自民...
別窓で開く

福西崇史が期待する札幌のFW中島大嘉とは?「ビッグマウスなキャラクターがいい」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

前回の記事(僕たちは「クソどうでもいい仕事」を根絶できる)で、資本主義の抱えるさまざまな矛盾を解決するために「ハートランドという新しい国家」をつくることを提唱した、江戸川大学教授・荒谷大輔氏。そんな荒谷氏が今回、その構想を伝えた相手が、『人新世の「資本論」』の著者である東京大学大学院准教授の斎藤幸平...
別窓で開く

これから私はみなさんに、希望に満ちた未来を提案したいと思います。ハートランドという、ブロックチェーンの技術を使ったまったく新しいかたちの「国家」のご提案です。将来に対する不安が渦巻く今日において、何の夢物語をと思われるかもしれませんが、どうか聞いてください。ハートランドという「国家」のご提案現在の資...
別窓で開く

「ウクライナとロシアは同じではない」。2月24日のロシアによるウクライナ侵攻後、在日ウクライナ人たちがそう訴える姿が見られた。同じスラブ民族、そしてソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)の構成国だったロシアとウクライナ。日本では「兄弟国ではなかったのか。なぜ戦うのか」と不思議に思う人が多い。しかし「戦争...
別窓で開く

『クリミナル・マインド』、2021年アメリカで最も配信されたドラマに
配信サービス各社がしのぎを削り、オリジナル作品に力を入れる中、昨年アメリカで最も配信された作品が明らかになった。意外にも第1位に輝いたのは、惜しまれつつも2020年にファイナルを迎えた『クリミナル・マインド FBI行動分析課』だった。Varietyが報じている。 本作は、FBIの行動分析課(BAU)...
別窓で開く

スポーツにまつわる衝撃の実話映画3作品!! <女子テニス>ウィリアムズ姉妹の破天荒な実父の驚きの実話を描く『ドリームプラン』公開記念!年末年始に観たい感動スポーツ映画
『ドリームプラン』(c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved2度のアカデミー賞?ノミネート、人気・実力共にハリウッドのトップを極めたウィル・スミスの最新作『ドリームプラン』。...
別窓で開く

コロナ禍後の世界、日本は米中の狭間でどう生きるのか?【新型コロナウイルスを知る一冊】
東京オリンピックの閉幕とともに、新型コロナウイルスの感染拡大がまたクローズアップされてきた。国内の新規感染者は連日2万人を超え、軽症者や一部の中等症の人は、入院できず、自宅療養を余儀なくされている。あらためて新型コロナウイルスがもたらした影響や対策について、関連本とともに考えてみたい。コロナ禍という...
別窓で開く


<前へ12次へ>