本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



国産ジェット機C-2輸出に黄信号か 有望株UAEが韓国の輸送機開発に参画 日本見限った?
韓国とアラブ首長国連邦(UAE)が締結した覚書の中に、韓国で進行中の次期輸送機開発計画にUAEが資金協力などで関与するという内容が盛り込まれました。UAEは日本のC-2輸送機の有力な顧客候補。これは鞍替えを意味するのでしょうか。...
別窓で開く

珍機「スキー付きハーキュリーズ」何のため? ベストセラー輸送機C-130派生型 滑って着陸!?
輸送機のベストセラーC-130「ハーキュリーズ」には南極や北極で運用するための派生型もあるそう。途中で海軍から空軍に移管されるなどしているものの、現在も改良が加えられたり新型が登場したりして飛び続けています。初飛行の直後に生まれたスキー履き「ハーキュリーズ」 ロッキード・マーチン社が開発・生産してい...
別窓で開く

ソ連の傑作輸送機「An-12」、わずか9分の初飛行からどう大成? 姉妹機は×だったのに
旧ソ連のアントノフ設計局が手掛けた輸送機のなかで、傑作機となったもののひとつとなったのが、An-12です。この機の初飛行はわずか9分。そこからどうヒット機になったのでしょうか。 1957年12月16日初飛行「世界最大の飛行機」とされたAn-225「ムリヤ」を手掛けた旧ソ連のアントノフ設計局は、An-...
別窓で開く

大富豪の道楽? 超巨人機「ハーキュリーズ」そして伝説へ-1947.11.2 なぜ最初で最後の飛行に
オレゴン州で保存・展示されている世界最大の飛行艇H-4「ハーキュリーズ」。同機が初飛行したのは、いまから四半世紀前のことですが、初飛行までには紆余曲折があったそう。第2次大戦終結の前後に起きたゴタゴタを振り返ります。三四半世紀前に誕生した史上最大の飛行艇 1947(昭和22)年11月2日、アメリカ西...
別窓で開く

ベストセラー機C-130の後釜狙える? C-2ソックリな韓国の新型輸送機開発 あれこれ派生型も
最近、国産機の開発を数多く進めている韓国は、中型輸送機についても独自開発する構想があるそうです。今回、MC-Xと名付けられたコンセプトモデルを韓国で見つけたので関係者に話を聞いてきました。日本のC-2と似ているけど別モノ 2022年9月21日より5日間の日程で開催された韓国の兵器展示会「DXコリア」...
別窓で開く

世界が注目「エリザベス女王の棺を運んだグレーの飛行機」実は米国製 垣間見える英空軍の転機
世界で惜別の声が溢れた、エリザベス女王の死。そのご遺体を運んだのが、ずんぐりとした胴体が特徴の英空軍「グローブ・マスターIII」輸送機でした。これはどのような機体なのでしょうか。米空軍にむけ米国メーカーが製造したC-17「グローブ・マスターIII」 2022年9月、エリザベス女王が96歳で亡くなり、...
別窓で開く

名付けて“鐵隼(テツブサ)”! 「ハヤブサ」を鉄フレームにしてまでレースに参戦する理由
「ハヤブサ」でレースと聞いて、頭に疑問符が浮かぶ人も少なくないかもしれません。スズキ「ハヤブサ」はかつて“世界最速”と呼ばれたスポーツマシンですが、そもそもレース参戦を視野に開発されたモデルではなく、参加できるレースがほとんどないからです。初期型の「GSX1300Rハヤブサ」が登場したのは1999年...
別窓で開く

世界屈指の巨人機 C-5「ギャラクシー」初飛行-1968.6.30 マンガやアニメで圧倒的存在感
MiG-25亡命事件のときにも使われました。重量60t超えのM1戦車でも2両積載OK 1968(昭和43)年の6月30日は、アメリカ製の超大型輸送機C-5「ギャラクシー」が初飛行した日です。 同機は1960年代にロッキード(現ロッキード・マーチン)が開発した軍用輸送機で、1980年代に旧ソ連製のAn...
別窓で開く

「ムリヤ」より巨大!? もう一つの世界最大飛行機「ロック」とは 規格外の“双頭竜”なぜ誕生?
ウクライナ危機で破壊されたアントノフAn-225「ムリヤ」は「世界最大かつ世界唯一の飛行機」として知られていますが、実は同じ称号をもつ飛行機がもう1種あります。「ロック」と呼ばれるこの機、どういうものなのでしょうか。...
別窓で開く

<W寄稿>世界最強の「武器庫」である日本列島(1)=韓国にはあまり知られていない日本の軍事基地の凄さ
※韓国人は北朝鮮と対峙してきた国連軍司令部や米軍は知っていても、日本にあるその後方基地にはあまり気づいていない。横須賀基地など日本の7か所の基地は、韓国や日本、東北アジアの安全と繁栄に大きな役割を果たしてきた。日本には国連軍司令部の後方基地が7か所、存在する。国連軍司令部と言う名前のみついているだけ...
別窓で開く


<前へ12次へ>