本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


鍛えるのは脳じゃない。『スマホ脳』著者が教える「最強脳」になるメソッド
 スウェーデンの精神科医で、日本で55万部を超えるベストセラーとなった『スマホ脳』の著者、アンデシュ・ハンセンさんの新著『最強脳 『スマホ脳』ハンセン先生の特別授業』(新潮社)が刊行された。訳は久山葉子さん。 本書はすでにスウェーデンでベストセラーになっている。『スマホ脳』やその前著『一流の頭脳』の...
別窓で開く

高橋一生&奈緒、川端康成「雪国」ドラマ化決定 世界にもアピールする映像コンテンツに
【モデルプレス=2021/11/30】俳優の高橋一生と女優の奈緒が、川端康成の代表作「雪国」を映像化したNHKドラマ「雪国 −SNOW COUNTRY−」(BSプレミアム・BS4K 2022年春放送予定(90分)/NHKワールドJAPAN(英語字幕)2022年度放送予定ほか)に出演することが決定した...
別窓で開く

川端康成『雪国』高橋一生&奈緒でドラマ化 行間に隠された感情や行動をときほぐす
日本人初のノーベル文学賞作家・川端康成の代表作『雪国』が、NHK BS プレミアム・BS4Kで2022年に『雪国 -SNOW COUNTRY-』としてドラマ化されることが決定した。出演するのは俳優の高橋一生&奈緒で、ドラマ化にあたっては、原作の行間に隠された感情や行動を丁寧にときほぐしていく。...
別窓で開く

日本人はマスクを外せなくなる? コミュニケーションに起きている異変…「顔学」の第一人者が警鐘
 時短制限も解除され、ようやく一息つくことができている秋の日本列島。だがその「一息」も、アレのせいで息苦しいものに……。マスク着用を強いられて1年半超が経過。人間の順応力は凄まじく、不便な生活に慣れる一方で、大事なものを失おうとしている。 *** 息苦しくて暑苦しい上に、面倒くさい。そんなマスク生活...
別窓で開く

科学と安全保障がつながらない日本 〜経済安保推進法案
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月29日放送)に元内閣官房副長官補・同志社大学特別客員教授の兼原信克が出演。経済安保推進法案について解説した。ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」経済界や経済官庁にも安全保障を考えてもらう必要がある政府は11月26日、経済安全保障...
別窓で開く

国家安全保障戦略改定へ 〜何を入れ込むべきか
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月29日放送)に元内閣官房副長官補・同志社大学特別客員教授の兼原信克が出演。政府が国家安全保障戦略を改定する方向で調整に入ったというニュースについて解説した。...
別窓で開く

ラニーニャ現象で寒い冬に…電力需給厳しくなる見通し、原油問題で家計にも
<ニュースの教科書>気象庁は今月、「ラニーニャ現象が発生しているとみられる」と発表しました。ラニーニャ現象が起きた冬は、日本では例年より寒くなったり、大雪が降ったりする傾向があり、気象庁は注意を呼び掛けています。一方で、この冬の電力需給の見通しは過去10年で最も厳しいそうです。原油高の流れもあり、寒...
別窓で開く

イグ・ノーベル賞の村上久さん 動物の「群れ」の謎、解き明かす
 ノーベル賞のパロディーで人々を笑わせ、考えさせる独創的な研究をたたえる「イグ・ノーベル賞」。京都工芸繊維大助教の村上久さん(34)=京都市上京区=は、歩きながらスマートフォンを操作する「歩きスマホ」が周りの歩行者に影響し、通行全体の妨げになる理由を群衆実験で明らかにした研究で、2021年の「動力学...
別窓で開く

ロシアのプーチン大統領が名前すら口にしない人物がいる。反体制派指導者ナワリヌイは、プーチン政権の裏側を、映像や資料を駆使して具体的に明らかにしてきた。このため何度も収監され、毒殺未遂事件も起きている。ドイツとイギリスに拠点を置く研究者たちの著書『ナワリヌイ プーチンが最も恐れる男の真実』(NHK出版...
別窓で開く

日本がノーベル賞の「収穫機」になれた4つの理由=中国
 近年、日本人や日本出身者のノーベル賞受賞が続いている。2021年には、日本出身で米国籍の眞鍋淑郎氏がノーベル物理学賞を受賞したが、なぜ日本にはノーベル賞受賞者がこんなにも多いのだろうか。中国メディアの百家号はこのほど、「日本がノーベル賞の収穫機になった理由」と題する記事を掲載した。 記事はまず、日...
別窓で開く


[ ノーベル ] の関連キーワード

プーチン