本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「優勝に向けた最高の目安になる」クリッパーズの名手ジョージが対戦を心待ちにする3チームとは?<DUNKSHOOT>
現地時間10月18日に幕を開けるNBA2022−23シーズン。注目を集めるのは、ゴールデンステイト・ウォリアーズが球団史上2度目の連覇を達成できるかどうかだろう。 昨季4年ぶりに王座を奪回したウォリアーズは、今季もステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのビッグ3だけでなく、ア...
別窓で開く

「またバスケをする機会を得たことが幸せ」クリッパーズでのプレーを心待ちにするウォール「可能性は無限大」<DUNKSHOOT>
今年7月にロサンゼルス・クリッパーズと2年契約を締結した元オールスターガードのジョン・ウォール。近年はケガに泣かされ評価を下げているものの、スピードを生かした突破からのフィニッシュには定評があり、12年間のキャリアで平均19.1点、4.3リバウンド、9.1アシストをあげ、球宴には5度選出されている実...
別窓で開く

ウォリアーズの生え抜きビッグ3、キング・レブロンはいったい何位? 現役選手の通算勝率TOP10!<DUNKSHOOT>
NBA選手の評価基準は得点やリバウンド、アシストといった個人成績はもちろん、いかにチームを勝利に導くかも重要な要素になる。どんな素晴らしい能力を持っていても、プロの世界ゆえに勝利に恵まれない選手は評価は上がらない。 米サイトの『Fadeaway world』が現役選手の通算勝率TOP10を発表。昨年...
別窓で開く

バークレーが王者ウォリアーズの対抗馬にクリッパーズを推挙!2枚看板の完全復活で「ものすごく危険なチームになる」<DUNKSHOOT>
現地時間7月27日、地元メディア『NBC Sports Bay Area』がゴールデンステイト・ウォリアーズについて語るポッドキャスト番組『Dubs Talk』に、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーがゲスト出演した。 昨季3シーズンぶりにプレーオフへ返り咲いたウォリアーズは、ウエスタン・カンフ...
別窓で開く

ヤングの“勝ちたいリスト”オクラホマでホークスが5年ぶりの勝利!高校時代の旧友とのマッチアップも<DUNKSHOOT>
現地時間3月30日に行なわれたアトランタ・ホークス対オクラホマシティ・サンダー戦は、ホークスが136−118で勝利。プレーオフ進出を懸けた混戦の真っ只中にいるホークスにとって、ロードでの貴重な勝ち星となったが、この試合でゲームハイの41得点をあげたトレイ・ヤングにとっても、これは記念すべき勝利だった...
別窓で開く

ペイサーズの大黒柱サボニスがキングスにトレード!ブレイザーズ生え抜きのマッカラムはペリカンズへ<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日に迫るNBAのトレード・デッドラインを目前に、2件の大型交渉が合意に至った。 まずは、ここまでウエスタン・カンファレンス11位と不振のポートランド・トレイルブレイザーズとニューオリンズ・ペリカンズのトレードだ。...
別窓で開く

レナードの今季中の復帰はなし?指揮官がエースの現状について言及「カワイはおそらく戻らない」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・クリッパーズのエース、カワイ・レナードは昨年7月に部分断裂していた右ヒザ前十字靭帯の修復手術を受け、今季は開幕から欠場が続いている。年明け早々、シーズン終盤戦かプレーオフで復帰するとの声も聞かれたが、それから約1か月、どうやら今季はこのまま欠場を続けることになりそうだ。...
別窓で開く

「キツイし、ヒリヒリする」リラードが腹部のケガの状態を明かす「自分で痛みを管理していく」<DUNKSHOOT>
ポートランド・トレイルブレイザーズのフランチャイズプレーヤー、デイミアン・リラードは、今季14試合を終えて平均20.3点、4.3リバウンド、8.1アシストという成績を残している。 平均アシストはキャリアハイのペースで、ターンオーバー(同2.5本)もプロ入り以降では2番目に少ないものの、フィールドゴー...
別窓で開く

シクサーズファンから熱烈ラブコールを受けたリラード「彼らの愛とリスペクトに感謝している」<DUNKSHOOT>
現地時間11月1日(日本時間2日、日付は以下同)、ポートランド・トレイルブレイザーズは敵地ウェルズファーゴ・センターへ乗り込み、フィラデルフィア・セブンティシクサーズとの一戦に臨んだ。 シクサーズはベン・シモンズに加え、オールスタービッグマンのジョエル・エンビード(休養)、トバイアス・ハリス(新型コ...
別窓で開く

ブレイザーズの今季戦術は“ボールムーブの活性化”。ヌルキッチも「それを望んでいた」とビラップスHCを支持<DUNKSHOOT>
昨季終了後、ポートランド・トレイルブレイザーズはテリー・ストッツ前ヘッドコーチ(HC)を解任し、コーチングスタッフもトレーナーのジョフ・クラークを除いて一新。新指揮官にチャンシー・ビラップス(元デトロイト・ピストンズほか)が就任したほか、昨季までワシントン・ウィザーズで指揮官を務めていたスコット・ブ...
別窓で開く


<前へ12次へ>