本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ研究の第一人者が思い出したガンダムの名台詞
ロシアによるウクライナ侵攻が始まって以来、プーチン大統領はこれまで、ウクライナ侵攻について「“戦争”ではなくウクライナの非軍事化などをはかる“特別軍事作戦”」と主張していましたが、先ごろ行われたモスクワのフォーラムにて、プーチン大統領の側近の一人、キリエンコ大統領府第一副長官は「NATO(北大西洋条...
別窓で開く

“戦場の今”を映し出すドキュメンタリー映画『戦場記者』予告編&ポスタービジュアル公開
12月16日(金) より公開される映画『戦場記者』の予告編とポスタービジュアルが公開された。本作は、世界の紛争地を飛び回ってきた日本人記者の視点から“戦場の今”を映し出すドキュメンタリー映画。ガザ、ウクライナ、アフガニスタンなど世界の戦地における国際ニュースだけでは知りえない戦争の残酷さを現実として...
別窓で開く

◆ウクライナ4州の併合を宣言、核兵器使用を示唆し、戦争犯罪を繰り返すロシア 9月以降、反転攻勢を加速させるウクライナ軍は、ロシアに占領された東部地域の要衝を次々と奪還している。  この動きに呼応してプーチン大統領は9月21日、予備役30万人の動員(徴兵・徴用)を開始。これに反対するデモが起き、動員か...
別窓で開く

追い詰められるプーチン大統領 はたして「核兵器を使う」可能性は
慶應義塾大学教授の廣瀬陽子氏が10月7日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢において追い詰められるプーチン大統領について解説した。...
別窓で開く

ロシア、ウクライナの双方にとって「核使用」ハードルがさほど高くない「意外な理由」
ジャーナリストの須田慎一郎が10月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。一方的にプーチン大統領が署名したウクライナ4州「併合条約」について解説した。...
別窓で開く

ウクライナ戦争における核使用のシナリオとその可能性 占領地域併合を図るロシアと反攻するウクライナの狭間で
 ウクライナ戦争はいよいよ大詰めを迎えようとしている。 ウクライナ軍はヘルソン州での攻勢には成功しなかったものの、ハリコフ州での奇襲には成功し、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は今年(2022)9月13日に8000平方キロの領土を奪還したと公表している。 しかし同時に、ゼレンスキー大統領は「ロシア...
別窓で開く

ウクライナがサイバー攻撃大国ロシアとの「プロパガンダ戦」を有利に進められたわけ
開戦から100日を超え、いまだ出口の見えないウクライナ問題。ロシアとウクライナの戦争を通じてあらためて印象づけられたのが、サイバー攻撃や両陣営のプロパガンダ合戦といった「情報を巡る戦い」の重要性だ。...
別窓で開く

「他人には用心、信頼できない警察、国会、ましなのがテレビ」ロシア人意識調査からウクライナ問題を考える
 破壊されるウクライナの町、逃げ惑う市民の映像、他方でロシア発の「ウクライナはネオナチ、戦争の責任はNATOだ」というプロパガンダ。日本で連日報道される悲惨なウクライナ戦争を見ながら、ロシアの人は実態を知っているのか、近隣諸国の人たちはロシアをどう思っているのか、疑問がわいても実態や背景がなかなか理...
別窓で開く

陰謀論者に喝! 「ムー」が「プーチンと影の世界政府」を特集。
 オカルト・超常現象などのマニアから支持される、世界の謎と不思議に挑戦するスーパー・ミステリーマガジン・月刊「ムー」(ワン・パブリッシング)。2022年6月号注目の企画は、話題のロシア・プーチン大統領を扱った「ロシアの怪物プーチンと影の世界政府」だ。...
別窓で開く

式典演説プーチン氏の語り口 谷原章介「自信なさげで弱く見えた」
ロシア軍によるウクライナ侵攻が続く中、昨日9日(2022年5月) 、モスクワの赤の広場では日本時間午後4時からロシア戦勝記念日の式典が行われた。侵攻についてプーチン大統領は何を語ったのか。「めざまし8」では11分間のプーチン演説をノーカットで伝えるとともに、ロシア国民の反応についても独自取材を行った...
別窓で開く


[ ネオナチ ] の関連キーワード

ウクライナ ガンダム ロシア

<前へ123次へ>