本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サントリー商品、注文書の「変貌ぶり」に衝撃走る 全国のオタクがなぜか笑顔に…
毎年、11月第3木曜日の午前0時が解禁日と定められているボジョレーヌーヴォー。秋を代表する風物詩の一つだが、ツイッター上ではなぜかボジョレー発注時に出現した「謎の笑い声」にツッコミの声が寄せられているのをご存知だろうか…。...
別窓で開く

“ボジョパ”今年はオンラインで サントリーが解禁イベント
サントリーワインインターナショナルは、19日午前0時のボジョレーヌーヴォー解禁に合わせて、「ジョルジュ デュブッフ“ボジョレーヌーヴォー”2020年解禁カウントダウンイベント」を開いた。例年は消費者も集まって開催したイベントだが、今年はコロナ禍の影響によりオンラインで開催。参加した愛飲者らが解禁とと...
別窓で開く

ボージョレ・ヌーヴォー 輸入減も貴重な飲用機会 ヴィーガン対応品も登場
今年のボジョレー・ヌーヴォーは19日に解禁日を迎えるが、コロナ禍で例年とは異なる様相となりそうだ。輸入量も減っているが、普段はワインになじみのない人も手に取る貴重な飲用機会だとして、家飲みに期待をかける声も聞かれる。ボジョレー・ヌーヴォーはピークだった04年比で約半分にまで減少したが、主要国の中で最...
別窓で開く

ボジョレーヌーヴォー第1便が羽田に コロナ影響危惧も無事到着 サントリー
今年は11月19日が解禁日となるボジョレーヌーヴォーの、サントリー輸入第一便が22日に日本航空機で羽田空港に到着した。今年はコロナ禍で生産・輸入も危惧されたが、無事に到着したことに関係者は胸をなでおろした。サントリーはボジョレーヌーヴォー国内市場No.1という「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌー...
別窓で開く

危惧したヌーヴォー到着に安堵 サントリーワインインターナショナル輸入ブランド部長 綾木徹氏
4〜5月は、コロナ禍のためボジョレーヌーヴォーの生産・輸出入ができるかどうか危惧していたが、第1便を迎えられる状況になり安堵している。生産者も、過去の経験や英知を結集し、自然に寄り添っていくことが非常に大事だったと言っている。今まで盤石だと思っていたサプライチェーンのどこか一つが崩れるだけで日本にボ...
別窓で開く


<前へ1次へ>