本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日髙のり子さん、川島明お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。...
別窓で開く

安住紳一郎、全力サラリーマン芸披露に宇賀神メグからチクリ「お酒は飲んでないですよね?」
画像:時事3月9日の放送を迎え、レミオロメンのヒット曲「3月9日」に触れた「THE TIME,」(TBS系)MCの安住紳一郎アナウンサー。すると全力でサラリーマンならではの芸を披露して、共演者らを驚かせる一幕がありました。...
別窓で開く

中山記念は例年より小粒なメンバー構成。穴党記者が推す「大穴」2頭が高配当を演出か
 古馬中距離路線の伝統の重賞、GII中山記念(中山・芝1800m)が2月27日に行なわれる。 歴史ある一戦とあって、過去の勝ち馬にはGI戦線で勝ち負けを演じるような実力馬が名を連ねる。スポーツ報知の坂本達洋記者もその点を強調してこう語る。...
別窓で開く

同性愛者が処刑される国の現実『チェチェンへようこそ −ゲイの粛清−』 フェイク映像技術を武器に命がけで差別と戦う
チェチェンへようこそ■凄惨極まる同性愛者差別『ラ・マンチャの男』(1972年)に「事実は真実の敵なり」というセリフがある。ドキュメンタリー映画、というのはまさに事実から真実を導き出すメディアだと思う。事実は一つ。けれど真実は人の数だけある。監督は自らの真実を、事実を通して描いて見せる。それがドキュメ...
別窓で開く

不朽の名作カップ麺、真冬の風物詩「辛辛魚」 14年間オンリーワンであり続ける「激辛×魚介」の合わせ技
マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界第七十五回 寿がきや食品「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」文・写真:オサーンカップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地カップ麺」連載の第七十五回目となる今回は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」をレビューします。...
別窓で開く

世界から選りすぐりの100以上のブランドが集う、高島屋のバレンタインデー 2022「アムール・デュ・ショコラ」
年に一度の“ショコラの祭典”として親しまれている高島屋のバレンタイン催事 「アムール・デュ・ショコラ」。世界のショコラが集結する祭典として日本初上陸のブランドや、こだわりの老舗のご紹介はもちろん、ますます注目の高まっている“サステナブルなショコラ”をはじめ、“気分のあがる”ラグジュアリーなショコラや...
別窓で開く

「雨傘運動と抗議デモで香港映画は逆に強くなった」。「香港映画祭2021」のキュレーター、リム・カーワイ監督に聞く
「香港映画は死んだ」と言われてきた。過去、中国の映画産業が巨大化し、香港の映画人たちが誘蛾灯に引き寄せられる蛾のように、中国に渡った。2008年の北京五輪をひとつの境界点として、彼らは、香港映画のノウハウと技術を持ち込み、巨万の富を築いた。徐克(ツイ・ハーク)、劉徳華(アンディ・ラウ)、周星馳(チャ...
別窓で開く

『M-1グランプリ2021』準決勝進出のオズワルド、南キャン山里が“笑いゼロ”のネタで『M-1』に臨んだ噂の真相を聞く
漫才頂上決戦『M-1グランプリ2021』(ABCテレビ・テレビ朝日系)の準決勝に駒を進めたオズワルド(畠中悠・伊藤俊介)がオンラインバー『BAR赤眼鏡』にゲスト出演し、バーテンダー役の山里亮太(南海キャンディーズ)と『M-1』について語るなか南キャンが決勝進出した時の“噂”について確かめる一幕があっ...
別窓で開く

【ボジョレ解禁】都道府県別・ワインの消費量TOP10は?
2021年11月18日、フランス産ワイン、ボージョレ・ヌーボーの販売が世界各地で解禁されました。ぶどうの不作の影響で生産量が少ないため、例年より販売価格が高いようです。そこで今回は「ボジョレ解禁」にちなんで、日本のワイン(果実酒)の出荷量や消費量などをご紹介していきます。...
別窓で開く

「和食さと」で黒ビール&ボージョレ飲み放題!数量限定だから急がなきゃ。
和食ファミリーレストラン「和食さと」では、「黒生ビール」と「ボージョレ・ヌーヴォー」の飲み放題を数量限定販売します。2021年11月11日から「黒生ビール」、11月18日から「ボージョレ・ヌーヴォー」がセルフ式飲み放題アルコールバー「さとバル」に登場します。...
別窓で開く


[ ヌーヴォ ] の関連キーワード

チェチェン ボジョレ 宇賀神 高島屋 のり子

<前へ12345次へ>