本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアを「北朝鮮化」してアメリカに挑もうとする中国の狙い
自由民主党・参議院議員の青山繁晴が4月20日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

住民避難ルートを設置するのは「住民がいるところを攻撃する」ということ 〜ロシアとウクライナの2回目の停戦協議
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月4日放送)に慶應義塾大学総合政策学部教授の廣瀬陽子が出演。3月3日に行われたロシアとウクライナの2回目の停戦協議について解説した。モスクワで、取材に応じるロシアのプーチン大統領(ロシア・モスクワ) AFP=時事 写真提供:時事通信戦闘地域の住民...
別窓で開く

北京五輪は習近平体制の3期目へ向けての「総仕上げ」 〜世界の分断が露わになった「平和の祭典」
ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」(2月21日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。2月20日に閉幕した北京冬季オリンピックについて解説した。北京冬季五輪の閉会式に出席したIOCのバッハ会長(左)と中国の習近平国家主席=2022年2月20日、北京(共同) 写真提供:共同通信社北京...
別窓で開く

「中国の人権問題」日本は襟を正して世界に模範を示すべき
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月14日放送)に元内閣官房参与で前駐スイス大使の本田悦朗が出演。日米韓3ヵ国の外務大臣がハワイのホノルルで外相会談を行ったというニュースについて解説した。...
別窓で開く

カオスな国際社会では「局所」が「全体」に波及し、元には戻らない
『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、カオスな国際社会について語る。* * *「2022年は国際秩序がさらなるカオス(混沌[こんとん])に向かう」。そんな観測があちこちでなされています。この場合のカオスとは、完全にランダムな状況を指す...
別窓で開く

カザフスタンの政変は偶発的なもの
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月18日放送)に東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が出演。カザフスタン情勢について解説した。2022年1月6日、カザフスタンの最大都市アルマトイに配置された兵隊ら(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社燃料価格の高騰にカザフスタン各...
別窓で開く

中国政府が人民元をデジタル化する「本当の目的」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月12日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。中国がカザフスタンへのロシア主導部隊の派遣を支持したというニュースについて解説した。...
別窓で開く

ついに打ち上げ成功! 前澤友作の宇宙旅行の費用を計算する辛坊治郎「私も行くけどな。宝くじが5回連続で当たったら」
キャスターの辛坊治郎氏が12月8日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。実業家の前澤友作氏を乗せた宇宙船ソユーズの打ち上げが成功したことを受け、「宇宙旅行」の費用について解説した。...
別窓で開く

日本も中国への経済制裁等をやるべき〜新疆ウイグル自治区の人権弾圧で欧米諸国とともに
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月26日放送)に元内閣官房参与で前駐スイス大使、現TMI総合法律事務所顧問の本田悦朗が出演。国際情勢や日本の外交政策をまとめた「外交青書」について解説した。...
別窓で開く

自衛隊がドローンを配備すべきである「これだけの理由」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月31日放送)に安全保障アナリストで慶応義塾大学SFC研究所上席所員の部谷直亮が出演。「自衛隊はドローンを配備せよ」という自身の主張について解説した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>