本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



名手シャックが“犬猿の仲”であるモーニングに謝罪した過去を告白「俺が偽善者だった。彼が最高なんて知らなかった」<DUNKSHOOT>
1992年のドラフトでオーランド・マジックから全体1位指名を受けたシャックことシャキール・オニール。彼がNBA入りした当時は、アキーム・オラジュワン(元ヒューストン・ロケッツほか)、デイビッド・ロビンソン(元サンアントニオ・スパーズ)、パトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか)といった歴...
別窓で開く

「彼の練習レベルは段違いだった」新人時代のコビーを元同僚が回想「やられたらすぐ練習場へ戻っていた」<DUNKSHOOT>
現地時間8月19日、元NBAプレーヤー兼ヘッドコーチ(HC)のバイロン・スコットがホスト役を務めるポッドキャスト番組「Off the Dribble」の最新エピソードが公開された。 NBAキャリア14シーズンのうち、ロサンゼルス・レイカーズで計11シーズンをプレーしたスコットは、1980年代後半に先...
別窓で開く

ドラフト指名は叶わずも、レイカーズと契約の息子を名手ピッペンが祝福「今日は最高の瞬間のひとつだ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日にバークレイズ・センターで開催されたNBAドラフト2022では、1巡目全体1位でオーランド・マジックから指名を受けたパオロ・バンケロ(デューク大)をはじめ、2位指名のチェット・ホルムグレン(/オクラホマシティ・サンダーゴンザガ大)、3位指名のジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロ...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

「ドレイモンドは一線を超えた」ヒート第6戦の勝因はグリーンの“うっかり発言”?ハズレムが怒り「実にくだらない」<DUNKSHOOT>
現地時間5月27日に行なわれたマイアミ・ヒートとボストン・セルティックスによるイースタン・カンファレンス・ファイナル第6戦は、ヒートが111−103で競り勝ち、シリーズ戦績を3勝3敗として逆王手をかけた。 この日のヒーローはなんと言ってもジミー・バトラーだろう。「今夜ジミーは負けず嫌いなんだという気...
別窓で開く

「ジョーダンだって負ける可能性もある」1994、95年のロケッツ連覇を疑問視する声にオリーが反論<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンを擁したシカゴ・ブルズは、1991〜93年、1996〜98年と2度の3連覇を果たし、一時代を築いた。その間の1994、95年にリーグ制覇を果たしたのがヒューストン・ロケッツだったが、“神様”ジョーダンが現役引退をしていた時期でもあり、...
別窓で開く

プレーオフ史上最も多く“スウィープ負け”を喫した選手は?トップには意外なレジェンド選手2人の名前が<DUNKSHOOT>
現地時間4月16日(日本時間17日、日付は以下同)に幕を開けた2021−22シーズンのNBAプレーオフは、ファーストラウンド全8カードのうち7カードが4戦まで終えた。 そのうち、まだ1勝もできていないのはブルックリン・ネッツのみ。...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

マッグレディが独自の「歴代ベスト5」を選定。悩んだPFとセンターの候補者、「最高のライバル」の名も<DUNKSHOOT>
現役時代にNBAで2度の得点王に輝いた経験を持ち、2017年にバスケットボール殿堂入りも果たしたトレイシー・マッグレディ。そんなレジェンドが、『Playmaker HQ』のインタビューで自身が選ぶ「歴代ベスト5」を発表している。...
別窓で開く

1980年代後半の世界最高センターはアマチュア選手。“ドリームチームの生みの親”アルビダス・サボニス【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
プロバスケットボールの最高峰であるNBAには、世界中から最も優秀な選手が集まってくる。だが、1980年代後半における世界最高のセンターは、NBAの選手でなかっただけでなく、プロですらなかった。 当時のソビエト連邦(以下ソ連)代表として、アマチュア資格でプレーしたアルビダス・サボニス。...
別窓で開く


<前へ12次へ>