本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“史上最高のディフェンダー”“究極の勝利者”“人種差別と戦った闘士”。永遠に語り継がれるラッセルの伝説【NBAレジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■プロスポーツ界初の黒人HC、ラッセルこそ究極の勝利者 こうした活躍の陰で、ラッセルは人種差別とも戦っていた。彼がNBA入りした1950年代は、公民権運動が盛んになる前の時代。白人のチームメイトとは、宿泊や食事の場が別々ということも珍しくなかった。...
別窓で開く

魔術師ウィリアムズが現代のウォリアーズと黄金期レイカーズを比較「シャックにとってはタフな状況になるだろう」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは2021−22シーズンのNBAを制し、過去8年間でファイナル進出6回、うち4回でリーグ優勝を達成。ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのビッグ3を中心とした“スモール・バスケットボール”は、再び一時代を築こうとしてい...
別窓で開く

プレーオフ史上最も多く“スウィープ負け”を喫した選手は?トップには意外なレジェンド選手2人の名前が<DUNKSHOOT>
現地時間4月16日(日本時間17日、日付は以下同)に幕を開けた2021−22シーズンのNBAプレーオフは、ファーストラウンド全8カードのうち7カードが4戦まで終えた。 そのうち、まだ1勝もできていないのはブルックリン・ネッツのみ。...
別窓で開く

今季のレイカーズはNBA史上ワーストチーム?期待を裏切った過去のスター軍団と比較<DUNKSHOOT>
現地時間4月5日、ロサンゼルス・レイカーズは敵地でウエスタン・カンファレンス1位のフェニックス・サンズに110−121で敗退。これで今季48敗目(31勝)となり、同日に順位を争っていたサンアントニオ・スパーズが勝利したためプレーオフ不出場が決まり、レイカーズの2021−22シーズンは終焉を迎えた。...
別窓で開く

ポール、ウエストブルックらを輩出!NBAの歴代ベスト“ドラフト4位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去3回に続き、「ドラフト4位指名」の最強チー...
別窓で開く

「シャックでも守れないだろう」MVP級の働きを見せるエンビードに元ドラ2戦士が感嘆「ビッグマンの進化系」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズは今季ここまで40勝24敗(勝率62.5%)でイースタン・カンファレンス2位と2年連続のトップシード獲得も狙える位置につけている。ジョエル・エンビードとジェームズ・ハーデンの新生デュオが早くも機能するなか、8年目を迎えたエンビードの支配力に元NBA選手も感嘆の声...
別窓で開く

レブロン、コビー、ガーネット…錚々たるメンバーが揃う“高卒出身”のベストメンバーを発表!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを世界最高峰の舞台に送り出してきた。...
別窓で開く

シャック、シモンズ、マラビッチ…ルイジアナ州大の最強メンバーを選定!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別...
別窓で開く

ストックトンの鉄人ぶりを象徴する“エルボー事件”を相棒マローンが回顧「痛々しくて最悪の気分になった。だけど彼は…」〈DUNKSHOOT〉
ユタ・ジャズのレジェンド、ジョン・ストックトンとカール・マローン——。彼らは、“史上最高のデュオ”と呼ばれるマイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペンや、シャキール・オニール&コビー・ブライアントに負けずとも劣らない強力コンビだった。...
別窓で開く


<前へ1次へ>