本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カリーが観る者の心を掴むのはなぜ? NBAアナリストが力説「子どもはシャックやレブロンにはない感情移入ができる」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、1シーズン402本、通算3117本など3ポイントに関する数々の金字塔を打ち立て、バスケットボールの常識を根底から覆した稀代のシューターとしてNBA史に名を刻んでいる。...
別窓で開く

「俺は最も支配的な選手、彼は史上最高になることに取り憑かれていた」シャックが元相棒コビーとの関係を回想<DUNKSHOOT>
現地時間9月13日に公開されたポッドキャスト番組『Patrick Bet-David Podcast』へ、シャックことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)がゲスト出演した。 シャックは216㎝・147㎏という巨体を武器にNBAで19シーズンをプレーしてキャリア平均23.7点、10....
別窓で開く

「彼は手にビールを持っていた」ローズが“新人HC”バードが采配ミスを認めた1998年プレーオフを回想<DUNKSHOOT>
NBA界のレジェンドの1人であるラリー・バードは、選手、ヘッドコーチ(HC)、エグゼブティブを経験し、いずれの分野でも功績を残した。ただ、元NBA選手のジェイレン・ローズによれば、指揮官時代に自らの采配に関して謝罪することがあったという。...
別窓で開く

大谷翔平の活躍で注目を集めるMLBのMVP争い。NBAの過去30年で最も僅差だったシーズンは?<DUNKSHOOT>
調子を上げる大谷翔平の活躍とともに、日々注目が高まっているMLBのMVP争い。ホームランランキングを独走するアーロン・ジャッジとの熾烈なレースが展開されており、最後は投票権を持つ各識者の1票に委ねられることになりそうだ。 その年最高の選手を意味するMVP争いは、同じアメリカンスポーツのバスケットボー...
別窓で開く

206㎝のマジック、213㎝のノビツキー、229㎝のヤオ……現代バスケに逆行するNBA歴代“オールビックマンチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
ジョージ・マイカン、ウィルト・チェンバレン、カリーム・アブドゥル・ジャバー、アキーム・オラジュワン、シャキール・オニールなど、これまでNBAでは多くのビッグマンが活躍してきた。 しかし、サイズより機動力やシュート力が求められる現代バスケではスモールラインナップを敷くチームが増加し、ビッグマンが弱点に...
別窓で開く

名手シャックが“犬猿の仲”であるモーニングに謝罪した過去を告白「俺が偽善者だった。彼が最高なんて知らなかった」<DUNKSHOOT>
1992年のドラフトでオーランド・マジックから全体1位指名を受けたシャックことシャキール・オニール。彼がNBA入りした当時は、アキーム・オラジュワン(元ヒューストン・ロケッツほか)、デイビッド・ロビンソン(元サンアントニオ・スパーズ)、パトリック・ユーイング(元ニューヨーク・ニックスほか)といった歴...
別窓で開く

キャンプ契約の渡邊雄太に新たなライバルが登場!ネッツが20年レイカーズ優勝戦士のモリスと契約<DUNKSHOOT>
現地時間8月28日にブルックリン・ネッツとキャンプ契約を結んだ渡邊雄太に新たなライバルが加わった。8月30日、チームはNBAキャリア11年を誇るベテランのマーキーフ・モリスと1年契約を締結した。 9月2日に33歳を迎える206㎝・111㎏のフォワードは、2011年のドラフト1巡目13位でフェニックス...
別窓で開く

「あなたはMVPトロフィーをコビーに返す必要がある」アービングがナッシュHCへ爆弾発言?元選手が衝撃告白<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは2枚看板であるケビン・デュラント&カイリー・アービングの残留が決まり、2022−23シーズンにリーグ優勝を目指す体制はひとまず整った。 しかし、スティーブ・ナッシュ・ヘッドコーチ(HC)が抱える問題は解消されていないと、元NBA選手のオルデン・ポリニスが指摘している。...
別窓で開く

渡邊雄太はネッツで開幕ロスターを勝ち取れるか? 同ポジションには強力なライバル加入の噂も<DUNKSHOOT>
現地時間8月28日、今夏に完全FA(フリーエージェント)となっていた渡邊雄太がブルックリン・ネッツと契約を締結。日本のファンにとってその去就が大きな関心の的となっていただけに、NBAチームとの契約に胸を撫で下ろした人も多いだろう。 ただ、渡邊自身がSNSに「あくまでまだ無保証のキャンプ契約」と綴った...
別窓で開く

小さくても戦えることを証明した男たち!NBA歴代“スモールチーム”を選定<DUNKSHOOT>
NBAは選手の平均身長が約200cm、加えて圧倒的な身体能力も備えた超人たちが集う世界だ。そんな最高峰の舞台にあっても、身長のハンデを乗り越えてトップに上り詰めた小兵プレーヤーたちが存在する。 『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、...
別窓で開く


[ ニール dunkshoot レイカーズ ] の関連キーワード

オールビックマンチーム dunkshoot ナッシュ レブロン nba
バード モリス mvp ローズ