本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「カンフーキック」や「不調で25ゴール」…英メディアが選ぶ歴代最高のPFA年間最優秀選手は!?
今シーズンのプレミアリーグも佳境を迎え、マンチェスター・Cとリヴァプールによる熾烈な優勝争いに注目が集まるが、この時期は個人賞の発表も楽しみだ。 イングランドには権威ある個人賞が2つ存在する。1つはフットボール記者協会(FWA)選出の年間最優秀選手賞だ。こちらは1947−48シーズンから続く伝統ある...
別窓で開く

「非常に才能ある」「素晴らしい補強だ」古橋亨梧を元セルティックの名将が激賞! 教え子ラーションとの比較には…
 レジェンド指揮官の賛辞は、古橋亨梧の評価をまたひとつ高めたと言えるのではないだろうか。 マーティン・オニールは2000年夏にセルティックの監督に就任し、1年目で3冠を達成。さらに2度のリーグ優勝を果たし、2003年のUEFAカップで決勝まで勝ち進んだ。セルティックの歴史を代表するレジェンド監督のひ...
別窓で開く

S・ラモスの欧州記録に近いのは?…プレミアリーグ各クラブの代表最多出場選手を紹介
 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが欧州の最多代表キャップ数を更新した。同選手は14日に行われたUEFAネーションズリーグ・グループステージ第5節のスイス戦で通算177試合目の代表戦出場を果たし、ユヴェントスに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの記録を1試...
別窓で開く

「監督の頭に銃口を向けた」北アイルランド代表FWが衝撃の泥酔エピソードを告白「みんなで飲んでて…」
 衝撃のエピソードが明かされた。 現地時間7月3日、英紙『The Sun』によれば、北アイルランド代表FWのカイル・ラファーティーが、遡ること4年前にフランスで開催されたEURO2016後に代表指揮官に銃口を突き付けたというのだ。 一体何があったのか——。ラファーティー本人が英サッカー専門メディア『...
別窓で開く

「預金残高がなんと700円!」大金持ちから破産に転落した“名手12人”を英紙が特集!
 かつてトッテナムやリバプールで活躍した元イングランド代表DF、ニール・ラドック。現在52歳の彼は先日、長年のアルコール依存症が祟ってペースメーカーを付ける手術を受け、無事に退院した。ほかにも女性問題や自己破産など、度重なるスキャンダルでメディアを賑わせてきた問題児である。...
別窓で開く


<前へ1次へ>