本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



Netflix最新ラインアップ一覧(2022年7月版) 『ストレンジャー・シングス』シーズン4後編、『バイオハザード』実写ドラマシリーズなど
2022年7月のNetflix新着情報です。『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4 Vol.2が、7月1日より配信スタート。世界的大ヒットを記録する同シリーズは、1980年代の小さな町ホーキンスに突如出現した「裏側の世界」をきっかけに巻き起こる事件に対し、ホーキンスの仲間たちが力を合わせ...
別窓で開く

偉大な父に続けるか?ピッペンとシャックの息子がレイカーズの一員としてサマーリーグ参戦へ!<DUNKSHOOT>
ドラフト指名選手やプロキャリアの浅い若手、ドラフト外からNBA入りを狙うプレーヤーらが腕を競うNBAサマーリーグ。過去にはレブロン・ジェームズやケビン・デュラント、ステフィン・カリーといった現役スーパースターも参加経験があり、今年は現地時間7月2、3日にカリフォルニア、5〜7日にユタ、7〜17日にラ...
別窓で開く

ドラフト指名は叶わずも、レイカーズと契約の息子を名手ピッペンが祝福「今日は最高の瞬間のひとつだ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日にバークレイズ・センターで開催されたNBAドラフト2022では、1巡目全体1位でオーランド・マジックから指名を受けたパオロ・バンケロ(デューク大)をはじめ、2位指名のチェット・ホルムグレン(/オクラホマシティ・サンダーゴンザガ大)、3位指名のジャバリ・スミスJr.(ヒューストン・ロ...
別窓で開く

“ポスト・ジョーダン”からいつしか“過去の人”へ。故障にすべてを奪い去られたペニーのキャリア【レジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■ジョーダンに代わる広告塔からいつしか“過去の人”へ 1995−96シーズンのオーランド・マジックは、大黒柱だったシャキール・オニールが開幕から故障のため6週間にわたって戦列を離脱。これによって苦戦が予想されたチームを救ったのは、アンファニー・ハーダウェイの八面六臂の活躍だっ...
別窓で開く

名物コメンテーターが早くもウォリアーズの連覇を予想!「ステフはレブロンを超え、コビーやダンカンに並ぶ」<DUNKSHOOT>
NBAファイナルでボストン・セルティックスをシリーズ成績4勝2敗で下し、2021−22シーズンのチャンピオンに輝いたゴールデンステイト・ウォリアーズ。過去8シーズンでファイナル進出6回、タイトル獲得4回を成し遂げているなか、名物コメンテーターのスティーブン・A・スミス氏は、早くも来季の2連覇を予測し...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

「私はマイケルとだけプレーする」ピッペンが“冷戦状態”だった元相棒ジョーダンとの再共闘を希望<DUNKSHOOT>
マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンは、シカゴ・ブルズを2度の3連覇に導いた伝説的なデュオだが、過去2年は確執が浮き彫りとなって世間を騒がせていた。しかし、盟友に対して公然と口撃していたピッペンが、ジョーダンと“また組みたい”意向を示している。 1984年ドラフト1巡目...
別窓で開く

「自分たちを見失ってはいけない」。西決勝初戦に大敗したマブズへシャックがエール「ルカはやるべきことをやっていた」<DUNKSHOOT>
現地時間5月18日に幕を開けたゴールデンステイト・ウォリアーズとダラス・マーベリックスによるウエスタン・カンファレンス・ファイナルは、ホームのウォリアーズが112−87で快勝。ウォリアーズはステフィン・カリーが21得点、12リバウンド、アンドリュー・ウィギンズとジョーダン・プールが各19得点、クレイ...
別窓で開く

ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

ジョーダン、レブロン、シャック——NBAスターたちのシーズン最多敗戦数を紹介【Part.2】<DUNKSHOOT>
今年のプレーオフでは、NBAの“キング”レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が不出場、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは1回戦敗退と、リーグを代表するスターの2人が早々に姿を消した。 ただ、そのレブロンや、バスケットボール選手の“神様&ldqu...
別窓で開く