本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ戦争はこれからどうなるのか。ビジネス・ブレークスルー大学学長の大前研一さんは「戦争が長期化して困るのは、ウクライナではなくロシアだ。経済制裁でロシア国民は疲弊しており、このままなら『側近によるプーチン暗殺』というシナリオも見えてくる」という——。※本稿は、大前研一『大前研一 世界の潮流20...
別窓で開く

鉄のカーテンの内側はバーチャル? ロシアは政治に無関心な「受け身」の国民が支える【ウラジーミル・プーチンとは何者か】
【ウラジーミル・プーチンとは何者か】#36 ロシアがウクライナに軍事侵攻した2月下旬以降も、プーチン大統領の支持率が下がらない。隣国で死なせた将兵数は国防省発表で1000人以上、英国推計で1万5000人。制裁や外国企業流出で、国内経済はぼろぼろ。それなのに政権は耐えられている。...
別窓で開く

「“プーチン排除”が停戦への最短コース」名越健郎氏が分析する最新ロシア事情
【注目の人 直撃インタビュー】 名越健郎(拓殖大大学院特任教授)「プーチンの戦争」はいまだ終わりが見えない。ウクライナを猛烈に支援する米国のバイデン大統領はロシアに外交解決を呼びかけ、プーチン大統領もトルコのエルドアン大統領による仲介案に乗るそぶりを見せ始めたが、楽観視はできない。ロシア国内は、クレ...
別窓で開く

放射性物質を摂取させられ死亡…プーチン大統領の暴挙の始まりは2006年た?った
 開戦から2カ月半、苛烈さを増す「プーチンの戦争」。侵攻開始のはるか前から何度も連載コラムで取り上げてきた池上氏が語った注目すべき点。そして、意外な面々が名指しされた「ロシア入国禁止リスト」の裏側とは——。「週刊文春」連載をまとめた「独裁者プーチンはなぜ暴挙に走ったか」(書籍、電子版とも発売中)を緊...
別窓で開く

ロシアの生物・化学兵器使用への懸念 識者が指摘した気になる動き(めざまし8)
激戦が続くウクライナで「ロシアが生物・化学兵器の使用を検討している」と米国のバイデン大統領が警告したニュースを、23日(2022年3月)の「めざまし8」は取り上げた。元CIAの諜報員も、番組の取材にキエフ市民への攻撃で使われる危険性を指摘した。...
別窓で開く

ロシア富豪一家が「相次いで謎の死」 「モーニングショー」が迫った「背景」
「今、『オリガルヒ』というプーチン大統領に近い新興財閥の富豪たちが相次いで謎の死を遂げています」と司会の羽鳥慎一。26日(2022年4月)の「モーニングショー」は、ロシアで相次いでいる富豪一家の「心中」について伝えた。番組は2つのケースを紹介。1つ目は今月18日、銀行大手「ガスプロムバンク」元副社長...
別窓で開く

プーチン、150人スパイ粛清で権力基盤は崩壊寸前 諜報機関トップの“合成動画”を敢えて流した狙い
 イギリスの高級紙・タイムズ(電子版)は12日、「Putin ‘purges’ 150 FSB agents in response to Russia’s botched war with Ukraine」との記事を配信した。 *** 見出しを直訳すれば、「ウクライナ侵攻で、ロシアはぶざまな敗北 ...
別窓で開く

193の国が参加する国連総会は7日、ロシアのウクライナ侵攻に対する緊急特別会合を行い、国連人権理事会においてロシアが保持していた理事国というステータスを剥奪することを決定した。ウクライナにおけるロシア軍の活動状況がよく分からない中で、一部のロシア軍が市民の虐殺を含む戦争犯罪に手を染めていたことが判明...
別窓で開く

ロシア反体制派指導者が暴いた「プーチン」「側近」の腐敗 “甘い汁”を吸う日本人女性とは
 世界各国でプーチンとその側近らに対する資産凍結措置が強化されている。本誌(「週刊新潮」)3月24日号で報じたラブロフ外相のダミー会社の存在についても日本の関係省庁が関心を示す一方で、ロシアの反体制派指導者が暴くプーチン・ファミリーの腐敗は底知れぬ闇をのぞかせていた。...
別窓で開く

EU「殺人・性暴力など“人権蹂躙”により 追加の“対北制裁”」…中・露に対しても
ヨーロッパ連合(EU)は22日(現地時間)、北朝鮮のチョン・ギョンテク国家保衛相とリ・ヨンギル社会安全相、中央検察所などを含め、6か国に所属している10人あまりを相手に人権制裁を賦課した。EU理事会はこの日、北朝鮮と中国、ロシア、リビア、エリトリア、南スーダンの6か国の個人11人と団体4つを対象に、...
別窓で開く


<前へ12次へ>