本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ウマ娘』ファンの脳を破壊!“おうまP”のアニメに和氣あず未と徳井青空が出演…
『ウマ娘』ファンの脳を破壊!“おうまP”のアニメに和氣あず未と徳井青空が出演… (C)PIXTA『ウマ娘 プリティーダービー』界隈で、良くも悪くも有名な「おうまP」こと漫画家の田口ケンジが、新たな波乱を巻き起こしている。作画を担当する『異世界ワンターンキル姉さん〜姉同伴の異世界生活はじめました〜』の...
別窓で開く

1000万円で買った馬が“7つのG1レース”を制覇…誰もが「ラッキー」と見誤ったテイエムオペラオーの底力
 セリでの取引価格はわずか1000万円。通算成績は26戦14勝、7つのG1レースを制覇——1998年から2001年の間、競馬ファンたちを熱くした名馬・テイエムオペラオーとはどんな馬だったのか? その肖像を追った競馬ライター・小川隆行氏の新刊『 テイエムオペラオー伝説 世紀末覇王とライバルたち 』より...
別窓で開く

ウマ娘版トウカイテイオーと撮影した1枚 一緒に写る男性がレジェンドすぎると話題
競走馬を美少女キャラクターに擬人化した、スマートフォン向けゲームアプリ『ウマ娘 プリティダービー』(以後、ウマ娘)は、リリースから1年以上が経過した今でも高い人気を誇り、さまざまなコラボを展開。今ツイッター上では、馬産地・北海道で開催されている「ウマ娘コラボ」で撮影された1枚の写真が、競馬ファンの心...
別窓で開く

ウマ娘・ビワハヤヒデのコラボメガネの予約受け付け中! セルフレームとメタルフレームの2種類
現在大人気の「ウマ娘プリティーダービー」。実在の競走馬がモチーフになっており、歴代の名馬たちがウマ娘となって登場している。ビワハヤヒデとナリタブライアンも、姉妹という設定でストーリーが展開している。今回、ビワハヤヒデが着用している赤いフレームのメガネと、ビワハヤヒデをイメージしたメガネの2種類が発売...
別窓で開く

【名馬列伝】“鬼才”田原成貴とマヤノトップガンが織り成した2つの伝説! 三冠馬とのマッチレースと三強対決<後編>
古馬になったマヤノトップガンには、二つのレジェンダリーなレースがあった。 それは4歳初戦の阪神大賞典(GⅡ、阪神・芝3000m)と、結果的に現役最後のレースとなった5歳時の天皇賞・春(GⅠ、京都・芝3200m)である。 3歳にしてJRA賞の年度代表馬に輝いたマヤノトップガンは冬季を休養に充て、199...
別窓で開く

【名馬列伝】大一番で魅せた華麗なる逃走劇! マヤノトップガン、常識外れの年13戦で年度代表馬に駆け上がるまで<前編>
この2022年の夏、映画『トップガン マーヴェリック』がヒットしている。 これは、アメリカ海軍戦闘機兵器学校の略称をタイトルにいただき、1986年に公開された『トップガン』の、36年ぶりとなる続編である。 そして、そのヒット映画から名付けられた1頭の栗毛馬が1995年にデビューする。GⅠレース4勝を...
別窓で開く

【名馬列伝】ついに満場の祝福を受けたライスシャワー、しかし—— 最後の2走に刻まれた「勝利と死」のコントラスト<後編>
菊花賞でミホノブルボンを破り、待望のGⅠ制覇を成し遂げたライスシャワー。その後は有馬記念(GⅠ、中山・芝2500m)を8着として3歳のシーズンを終えた。 翌93年、春の目標を天皇賞・春(GⅠ、京都・芝3200m)に据えたライスシャワーは、短い休養を経て、2月の目黒記念(GⅡ、東京・芝2500m)で始...
別窓で開く

「ウマ娘プリティーダービー」メインストーリー第1部の最終章・後編公開! 「デアリングタクト」や「ブエナビスタ」がTwitterで話題に
現在大人気のゲーム「ウマ娘プリティーダービー」。7月20日正午からは、初の育成ウマ娘の復刻ガチャで、セイウンスカイとナリタブライアンがピックアップとして登場。サポートカードガチャは、グループカードの「SSR玉座に集いし者たち」と「SRエルコンドルパサー」。また、ツルマルツヨシも今回初登場となった。...
別窓で開く

ウマ娘が映画「トップガン マーヴェリック」とコラボ! マヤノトップガンの描き下ろしイラスト公開
5月27日に公開が予定されている映画「トップガン マーヴェリック」。トム・クルーズ主演の、1986年の大ヒット映画「トップガン」の続編であるが、現在大人気のウマ娘プリティーダービーとのコラボも話題となっている。ウマ娘に登場するマヤノトップガンのモチーフとなった実在の競走馬の名前の由来は、映画の「トッ...
別窓で開く

【桜花賞プレビュー】前哨戦圧勝のナミュールが主役も、トライアルを制したライラックに注目を!
牝馬クラシックの第一弾、桜花賞(G1、芝1600m)が10日(日)、阪神競馬場で開催される。 昨年は白毛馬として初のG1制覇を成し遂げたソダシ(牝4歳/栗東・須貝尚介厩舎)が話題になったが、それだけにとどまらず、近年の桜花賞のレベルの高さは衆目の一致するところ。...
別窓で開く



<前へ123次へ>