本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国で発売直後から大きな話題を呼び、中国・ドイツ・韓国・ブラジル・ロシア・ベトナム・ロシアなど世界各国にも広がった「学び直し本」の圧倒的ロングセラーシリーズ「Big Fat Notebook」の日本版が刊行された。本村凌二氏(東京大学名誉教授)「人間が経験できるのはせいぜい100年ぐらい。でも、人類...
別窓で開く

スウェーデンのNATO加盟は「ロシア帝国の落日」 ナポレオンが売ったフィンランド「西欧帰還」の2022年
 スウェーデンがNATO(北大西洋条約機構)加盟を申請(https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB183JK0Y2A510C2000000/)しました。地続きのフィンランドと同時申請です。 これがどれくらい決定的な「ロシア帝国への死刑宣告」であるか、まだ内外で本格...
別窓で開く

いまエジプトがアツい!?『ハムナプトラ』古代トリビア&“ミイラ復活”シリーズ砂漠アドベンチャー解説!!
『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』©1999 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.■『ハムナプトラ』を楽しく見るためのトリビアあれこれもうすぐ夏だ、アウトドアだ、アドベンチャーだ! というわけで、砂漠のアドベンチャーに古代エジプトのミイラの復活とい...
別窓で開く

ロングセラー書籍『コンテナ物語−−世界を変えたのは「箱」の発明だった』(日経BP社)の著者マルク・レヴィンソンの最新刊『物流の世界史−−グローバル化の主役は、どのように「モノ」から「情報」になったか?』より、その一部をご紹介する。1980年代に起きた様々な変化が世界経済を変貌させたように、第一のグロ...
別窓で開く

4月24日に行なわれたフランス大統領選の決選投票で、現職のエマニュエル・マクロンが国民連合のマリーヌ・ルペンを下して再選を決めた。とはいえ、「圧倒的に有利」とされたマクロンの得票率は59%で、ロシアのウクライナ侵攻でプーチンとの親しい関係が批判されたルペンは前回(2017年)から7ポイント伸ばした4...
別窓で開く

非道な「住民虐殺」が明るみに出て国際的包囲網がますます狭まるプーチン政権だが、ロシア国民の高い支持が揺らぐ気配はない。この背景には、反戦論への強烈な締め付けで多くの市民が戦争の実態から目を背けていることがある。しかし政権を下支えする最大の「免震安定装置」は、何世紀にもわたってロシア国民の心の深奥に潜...
別窓で開く

スイーツの進化と歴史:フランスが中心地になったわけ 十字軍、ナポレオン、フランス革命、蒸気機関が飛躍の土台
スイーツの進化と歴史(世界) 旬果瞬菓 共楽堂(https://www.kyorakudo.co.jp)の芝伐(しばきり)です。 前回(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/69177)に引き続き、「世界のスイーツ(菓子)の歴史」についてご紹介させていただきます...
別窓で開く

ウクライナの「泥濘地獄」に攻めたロシア なぜ? 知らぬはずはない“肥沃な大地の罠”
ロシアのウクライナ侵攻から1か月あまり。3月になり気温の上昇で大地の泥濘化が進んでいるようです。これに悩まされているのがロシア軍。過去にはソ連に攻め込んだドイツを悩ました「泥将軍」について見てみます。「冬将軍」の前後に猛威を振るう「泥将軍」 2022年2月24日、ウクライナにロシアが侵攻を開始しまし...
別窓で開く

ハスキー犬の妹、どすこい姉猫に挟まれて…病弱な猫さまが身に着けた処世術とは?
フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第13回目はおしゃべり上手な白茶トラ猫のナポレオン(Napoleon)さま。おしゃべり上手で勇敢な猫さまが登場!【フレンチ猫さま】vol. 13猫の話をもっと聞かせて! ナポレオン・ボナパルト似の猫さま。...
別窓で開く

クラシック洋菓子がハーゲンダッツに!ナポレオンパイとレーズンバター、どっちも期待大。
ハーゲンダッツに新シリーズ「ハーゲンダッツ ミニカップ クラシック洋菓子」が登場です。2022年3月15日から期間限定で「ナポレオンパイ〜苺とカスタードのパイ〜」と「レーズンバターサンド」が全国発売されます。■華やかにラム酒が香るバターアイスクリーム「ハーゲンダッツ ミニカップ クラシック洋菓子」シ...
別窓で開く



<前へ12345次へ>