本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドイツが80年育てた「ナチス土下座戦略」が終わる? ウクライナ戦争で“敗戦国”が失いつつあるものとは
 ロシアのウクライナ侵攻で、国際的な評価を最も下げた国がロシア自身なことは間違いない。では2位はどの国か……と考えるとドイツの名前が浮上してくる。 侵攻が始まった2日後にウクライナに5000個のヘルメットを送ると発表して「失望した」「ひどい裏切り」と非難されたかと思えば、ゼレンスキー大統領はドイツ下...
別窓で開く

「ジェノサイド」は恐ろしい言葉=犯罪捜査、再発防止に意義—赤阪清隆 元国連事務次長
「ジェノサイド」、すなわち集団殺害というのは、恐ろしい言葉である。軽々に口にすべき言葉ではない。なぜなら、その言葉の意味するところが恐ろしいだけでなく、ジェノサイドの加害者と非難された側に、極度の感情的な反発を招くからだ。しかし今、ウクライナ危機に絡んで、プーチン・ロシア大統領、ゼレンスキー・ウクラ...
別窓で開く


<前へ1次へ>