本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



井上尚弥がドネアと繰り広げた3年前の“名勝負”に再脚光! 唯一のダウンに英識者が「タフネスを証明した」と注目
3年前の“名勝負”が、ふたたび脚光を集めている。話題となっているのは、2019年11月、当時WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者に君臨していた井上尚弥(大橋)が、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に3-0の判定勝ちを収めた英スコットランド・グラスゴーでのワールド...
別窓で開く

井上尚弥vsノニト・ドネア、アントニオ猪木vsモハメド・アリ…格闘技「世紀の一戦」の舞台裏
 今も格闘技ファンの間で語り継がれる、「世紀の一戦」がある。令和の世に、そんな“歴史的試合”を次々と生み出しているのが、日本人初のボクシング3団体統一王者として、その名を世界に轟かせる井上尚弥だ。「今年6月7日、WBAスーパー&IBF世界バンダム級王者として、WBC同級王者でフィリピンの英雄、ノニト...
別窓で開く

しっかり見据える“壮大な挑戦”。井上尚弥が抱くSバンタム級への不安と自信「数キロですけど、凄い差だと思う」
日進月歩で進化を遂げるモンスターが、激闘を語った。 8月15日にWOWOWにて配信されるスペシャル番組に出演したボクシングのWBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチを終えた井上尚弥(大橋ジム)が取材に応じ、去る6月7日に行なわれた同級3団体統一戦で破った前WBCバンタム級王者ノニト・ドネア(フィリ...
別窓で開く

アリやルイスも出来なかった“無敗引退”。井上尚弥の掲げた壮大な目標に米メディアも最敬礼「イノウエができないと誰が言える?」
去る6月27日、現WBAスーパー&IBF&WBC同級王者の井上尚弥(大橋)は、自身の今後の目標を問われ、こう語った。「プロボクサーとして到着点、最終地点は35歳まで。そこまでの道のり、理想は無敗でゴール」 無論、容易に到達できる終着点ではない。...
別窓で開く


<前へ1次へ>