本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



辛坊治郎「トルコ大統領選に向けた思惑」 北欧2カ国のNATO加盟をトルコが支持した背景
キャスターの辛坊治郎が6月30日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。北欧2カ国のNATO(北大西洋条約機構)加盟をトルコが一転して支持した経緯について、持論を展開した。28日、覚書の署名後に記念撮影に応じる首脳ら。...
別窓で開く

北欧2か国のNATO加盟をトルコが容認 歴史の大転換の背景にある「苦渋の決断」と「譲歩」
明海大学教授で日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男氏が6月29日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。トルコが北欧2か国のNATO加盟を容認すると方針転換したことについて、その背景をいち早く解説した。28日、覚書の署名後に記念撮影に応じる首脳ら。...
別窓で開く

ロシアが核兵器をちらつかせる可能性も フィンランドとスウェーデンがNATO加盟へ前進で
明海大学教授で日本国際問題研究所主任研究員の小谷哲男が6月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。トルコが容認したフィンランドとスウェーデンのNATO加盟について解説した。...
別窓で開く

「“プーチン排除”が停戦への最短コース」名越健郎氏が分析する最新ロシア事情
【注目の人 直撃インタビュー】 名越健郎(拓殖大大学院特任教授)「プーチンの戦争」はいまだ終わりが見えない。ウクライナを猛烈に支援する米国のバイデン大統領はロシアに外交解決を呼びかけ、プーチン大統領もトルコのエルドアン大統領による仲介案に乗るそぶりを見せ始めたが、楽観視はできない。ロシア国内は、クレ...
別窓で開く

ウクライナ情勢は「今日が勝負」 中村逸郎教授が読む今後の見通し
ロシア政治が専門の筑波学院大学・中村逸郎教授が6月8日(水)、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。今後のウクライナ情勢の見通しについて「今日が勝負」と述べた。...
別窓で開く

プーチン大統領のトルコ訪問は「終わりの始まり」になるのか
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月3日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。プーチン大統領のトルコ訪問について解説した。2022年4月25日、モスクワでの会議に出席するロシアのプーチン大統領(タス=共同) 写真提供:共同通信社ロシアのプーチン大統領がトルコ訪問を検討ロシア...
別窓で開く

「フィンランド」「スウェーデン」のNATO加盟に反対するトルコ 背後にロシア諜報機関
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、フィンランドと...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦いは「2〜3年続く」その理由
地政学・戦略学者の奥山真司が5月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢の今後について解説した。対ドイツ戦勝記念日の式典に出席したロシアのプーチン大統領(中央)=2022年5月9日、モスクワ(タス=共同) 写真提供:共同通信社ロシアの外相がプーチン大統領の病気...
別窓で開く

放射性物質を摂取させられ死亡…プーチン大統領の暴挙の始まりは2006年た?った
 開戦から2カ月半、苛烈さを増す「プーチンの戦争」。侵攻開始のはるか前から何度も連載コラムで取り上げてきた池上氏が語った注目すべき点。そして、意外な面々が名指しされた「ロシア入国禁止リスト」の裏側とは——。「週刊文春」連載をまとめた「独裁者プーチンはなぜ暴挙に走ったか」(書籍、電子版とも発売中)を緊...
別窓で開く

北欧2カ国のNATO加盟を妨害するトルコが自らの地雷で自爆 クルド弾圧は続けつつも、ミニ・プーチン化の孤立リスクは回避
 2022年5月、世界史が動き出したスウェーデン・フィンランドのNATO(北大西洋条約機構)加盟を深掘りしてみましょう。 スカンジナビアの2か国によるNATO加盟申請への動きに対して、5月14日にベルリンで開かれたNATO外相会合でトルコの「チャブシオール外相」がスウェーデンのリンデ外相に声を荒らげ...
別窓で開く


<前へ12次へ>