本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



公開中の映画『ガンダム』の殺陣に『昭和残侠伝』の高倉健を見た!——春日太一の木曜邦画劇場
 アニメ映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が公開中だ。この作品、チャンバラとしてかなり楽しめる。 モビルスーツ同士の激闘が終盤に展開されるのだが、この時、双方ともに銃器はほとんど使わず、剣や斧で戦う。これが、見事な殺陣だった。 しかも、ガンダムが戦場に現れる時は、煽り気味のアングルで撮っ...
別窓で開く

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』興収10億円突破 7・14にスタッフトーク第3弾
『ガンダム』シリーズ最新作となる映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(公開中)の興行収入が10億円を突破した。また、8日から配布開始となる6週目入場者プレゼントが発表された。 1979年に放送された『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。放送以来、劇場版3部作でも描かれるこ...
別窓で開く

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。“プロフェッショナルの素顔に迫る”をテーマに、各界で活躍されている素敵な方をゲストに迎えて話を伺うコーナー「Blue Ocean Professional supported by あきゅらいず」。6月27日(...
別窓で開く

古谷徹「一瞬で43年前に戻れた」 ガンダム初のリメイク映画で“15歳のアムロ”再び
『機動戦士ガンダム』の初のリメイクとなる映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が公開中。15歳のアムロ・レイを再び演じることとなった古谷徹さんに新作への想いを伺いました。1979年に放送された『機動戦士ガンダム』(通称・ファーストガンダム)は、日本のアニメの転機となった作品として、その後続く...
別窓で開く

邦画も洋画も「大人のための良作」がズラリ! いま映画界が中高年層に注目する理由
 映画ランキングに異変アリ。いま、日本の映画興行に変化がみられると話題になっている。興収30億円突破も勢いが衰えない「トップガン マーヴェリック」をはじめ、初代ウルトラマンを新解釈で描いた「シン・ウルトラマン」、1979年放映のファーストシリーズ15話を長編化した「機動戦士ガンダム ククルス・ドアン...
別窓で開く

43年ぶり「ガンダム」が映画で蘇った!声優・古谷徹が語る「アムロ今昔物語」
 6月3日から公開中のアニメ映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」。 これは1979年からテレビ朝日系で放送されたテレビアニメ「機動戦士ガンダム」の第13話「ククルス・ドアンの島」をリメイクした作品であり、あれから43年の月日が流れている。...
別窓で開く

『ガンダム』最新作に古参ガノタ激怒! 設定にお気持ち表明「求めてるモノをわかってない」
『ガンダム』最新作に古参ガノタ激怒! 設定にお気持ち表明「求めてるモノをわかってない」 (C)PIXTA今年10月より放送予定のTVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に関して、設定などの各種情報が解禁された。どうやら同作は学園モノになるようだが、古の“ガンダムおじさん”たちが難色を示しているよう...
別窓で開く

【映画ランキング】『トップガン マーヴェリック』が首位返り咲き! 『バスカヴィル家の犬』は5位発進
6月18〜19日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、トム・クルーズ主演の映画『トップガン マーヴェリック』が、週末土日動員35万4000人、興収5億9400万円をあげ、先週の2位から首位に返り咲いた。累計では動員364万人、興収56億円を突破している。...
別窓で開く

仏版“カメ止め”『キャメラを止めるな!』日本語吹替版制作決定 多田野曜平、三石琴乃ら参戦
上田慎一郎監督による映画『カメラを止めるな!』(2018)を、アカデミー賞受賞監督ミシェル・アザナヴィシウスがリメイクしたフランス映画『キャメラを止めるな!』の日本語吹き替え版が制作されることが決定。吹き替えキャストを、多田野曜平、三石琴乃、浪川大輔、戸松遥、武内駿輔、田中美海ら豪華声優陣が務める。...
別窓で開く

ガンダム監督・安彦良和氏「大ヒット」表現に疑問 言えるのは『鬼滅の刃』
アニメ映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』スペシャルトークイベントが20日、都内で行われ、安彦良和監督が出席した。 3日より公開され興収7億円を突破している同作だが、スタッフから「大ヒット」と言われることに違和感があるそうで、「大ヒットと言えるのは『鬼滅の刃』とか、『トップガン マーヴェリ...
別窓で開く


[ ドアン ガンダム ] の関連キーワード

トップガン ガンダム ドアン アムロ

<前へ123456次へ>