本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



松本白鸚インタビュー なぜ高熱の日に最高の演技ができたのか
 継続は力なりと言う。しかし、続ける力こそ才能であり、我ら大衆にはそれがなかなかかなわない……。初演から実に53年、「ラ・マンチャの男」で主役を張り続けてきた松本白鸚氏(79)。ファイナル公演を終えた「継続の天才」が、自らの原点と生き方を語り明かす。 ***〈「50年以上やってきたんで、作品のテーマ...
別窓で開く

寒さ厳しい2月の東京・日比谷の日生劇場前。感動に酔いしれる観客でにぎわう日があるかと思えば、閑散とした劇場の前で呆然とする観客が見られる日が交差した。20歳代から50年以上主役を務め、傘寿(80歳)を迎える松本白鸚のミュージカル「ラ・マンチャの男」が「ファイナル公演」と銘打って開演中のことだ。松本白...
別窓で開く

松本白鸚の『ラ・マンチャの男』が終幕へ、「足腰に負荷」で生じていた“肉体の異変”
松本白鸚 2月8日、東京・銀座の日生劇場の前で肩を落とす女性の姿が。6日から始まった松本白鸚が主演を務める『ラ・マンチャの男』を鑑賞しにきた長年のファンだ。「■今回“ファイナル公演”だというのに舞台関係者にコロナ感染者が出たことで、8日から12日まで上演中止になってしまいました。...
別窓で開く

松本白鸚、松たか子と『ラ・マンチャの男』ファイナル公演「人間として俳優として、幸せ者」
歌舞伎俳優の松本白鸚と女優の松たか子が16日、都内にて開催されたミュージカル『ラ・マンチャの男』の会見に出席。50年以上出演し続けた作品のファイナルに、松本が千秋楽後は「もぬけの殻でしょうね」と語った。 『ラ・マンチャの男』は、セルバンテスの小説『英知あふれる郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』を...
別窓で開く


<前へ1次へ>