本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今シーズンの主役となるのは誰? 各国リーグ前半戦の“顔”を振り返る
欧州各国リーグは後半戦を迎え、ここからさらに激しさを増していく。タイトルレースや残留争いがヒートアップしていくなか、誰が今シーズンの“主人公”として活躍するのだろうか? 注目の後半戦を占う意味で、各国リーグの前半戦の顔となった選手を見てみよう。それでは、欧州5大リーグの前半戦の月間最優秀選手を振り返...
別窓で開く

今夜『ぐるナイ』ゴチ最終戦! ナイナイがダブルクビの危機、宮野真守は大逆転なるか?
今夜28日19時から『ぐるナイゴチ24 クビは生放送で発表4時間半SP』(日本テレビ系)が放送。「ゴチバトル」は最終戦で現在のメンバーが全員そろうのはこれで最後となる。 去年、壮絶なクビ3人で騒然となったが、今年もクビは最大3人。オープニングでは、ナイナイ2人がクビになる可能性に増田貴久が「どうする...
別窓で開く

王者の“騎士”ケインか、サプライズを牽引する“怪物”ギラシか…ブンデス最強ストライカーは?
今月17日、ブンデスリーガは大一番を迎える。2位バイエルンと3位シュトゥットガルトが相まみえるのだ。前人未到の12連覇を目指す“絶対王者”と今季の“サプライズパッケージ”がぶつかる注目の一戦だ。そして、今季ブンデスリーガの最強ストライカー対決でもある。...
別窓で開く

大枚叩いたチーム作りの行く末は? マンU・スールシャール前政権の補強14選手の今
苦しんでいるマンチェスター・ユナイテッドだが、問題は今ではなく過去にあったのかもしれない。? 今月9日、ユナイテッドはボーンマスを本拠地オールド・トラッフォードに迎えたプレミアリーグ第16節のゲームで大敗を喫した。開始早々に先制ゴールを許すと、後半にも2点を奪われ、格下と見られた相手にホームで0−3...
別窓で開く

クライファートは3年8カ月で快挙達成! 欧州5大リーグで出場した選手たち
先日、ボーンマスのオランダ人FWジャスティン・クライファート(24歳)が史上3人目となる快挙を成し遂げた。 クライファートは、今月25日に行われたプレミアリーグ第13節のシェフィールド・ユナイテッド戦に先発出場すると、前半追加タイムに最終ラインの裏に走り込み、飛び出してきGKがトラップに手間取るとこ...
別窓で開く

ベリンガムやエンバペら…シーズン序盤戦の欧州5大リーグのベストイレブンは?
ヨーロッパの各国リーグは全日程の5分の1ほどが終了し、徐々に今シーズンの勢力図が見えてきた。それと同時に今シーズンの主役になりそうな選手も分かってきた。ということで欧州5大リーグのシーズン序盤戦のベストイレブンを見てみよう。 データを元に選手の採点を付けているデータサイト『WhoScored』による...
別窓で開く

まさに少数精鋭。上田綺世や菅原由勢ら“オランダ勢”の現在地。日本代表に直結、5大リーグへのステップアップも視野に
 オランダリーグには、これまでフェイエノールトでUEFAカップ(現・ヨーロッパリーグ)を制した小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)をはじめ、多くの日本人選手が足跡を残し、日本代表での活躍にもつなげてきた。 一方、ここ数年は日本企業がオーナーのシント=トロイデンなど、ベルギーから欧州での挑戦をスター...
別窓で開く

オランダ2年目、斉藤光毅の現在地 三笘薫にリスペクトも「自分にフォーカス」
1年後に迫った2024年パリ・オリンピック。9月にはアジア一次予選に当たるAFC U23アジアカップカタール2024予選がバーレーンで行われる。 6日にパキスタン、9日にパレスチナ、12日にバーレーンと中2日の過密日程を強いられる日本だが、インターナショナルマッチデー(IMD)ということで、欧州組も...
別窓で開く

マンCの目利きは間違っていなかった? “トレブル”達成の立役者と類似率No.1の板倉滉
データ会社『Opta』によると、世界最高のセンターバックに最も近い選手は日本代表DF板倉滉(26歳)だという。? 同社は、今季の欧州5大リーグのデータを用いて、選手を9つのデータで表して選手の類似性を比較している。...
別窓で開く

佐々木朗希-山本由伸 剛腕な2人のボールがハマるか WBC 準決勝 日本-メキシコ
サンケイスポーツの織原祥平記者が3月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。2023ワールドベースボールクラシック(WBC)準決勝・日本対メキシコ戦について、アメリカのフロリダ州マイアミのローンデポパークから、試合開始直前にレポートした。...
別窓で開く


[ ドローン 大リーグ ] の関連キーワード

スールシャール メキシコ オランダ 大リーグ トレブル
佐々木 wbc

<前へ123次へ>