本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【タイトル争いを熱くする男たち:セ・リーグ】バウアーはフル回転で最多勝獲得も視野。竜の守護神は26年ぶりの偉業を狙う<SLUGGER>
9月に入り、シーズンもいよいよ山場。優勝争いもさることながら、タイトル争いの行方も気になるところだ。残り1ヵ月、各タイトル争いでカギを握る選手たちを紹介しよう。■村上頌樹(阪神) 昨季は一軍登板のなかった男が最優秀防御率のタイトル争いをリードすると誰が予想できただろうか。...
別窓で開く

優勝は阪神で決まり? 熾烈な争いが必至なセ・リーグの“CS進出チーム”を識者が徹底予想!
プロ野球ペナントレースも100試合を消化。シーズンの趨勢もようやく見えてきたが、セ・パともにまだまだペナントレースやCS争いの行方はどう転ぶかわからない。クライマックスを迎える今後の展開を識者に予想してもらった。【PHOTO】みんな好きになる!きつねダンスでエスコンフィールドを熱くする美女軍団「ファ...
別窓で開く

36歳のベテラン涌井秀章が5日連続ブルペン入り「フォームが固まるまで」連投宣言!「年齢よりも体はまだ若い」立浪監督も全幅の信頼
沖縄県中頭郡北谷町で春季キャンプを張る中日ドラゴンズ。休養前日のキャンプ5日目は、チームリーダーの高橋周平が元気にグラウンドで声を張り上げ、チームの士気を高めている。 一方の投手陣は、36歳の涌井秀章が、2月1日のキャンプインから5日連続でブルペン入りした。...
別窓で開く

横浜DeNA新加入の京田陽太が“遊撃手”のプライドを封印し三塁守備。レギュラー奪取へ貪欲姿勢「ポジションを奪わないと」
レギュラー奪取へ、28歳はなりふり構わずボールを追いかけ続けている。 横浜DeNAベイスターズは沖縄県宜野湾市にあるアトムホームスタジアム宜野湾でキャンプ4日目を迎えた。昨年11月、DeNA左腕の砂田毅樹と1対1のトレードで中日ドラゴンズから加入した京田陽太は、今キャンプのノックで初めて三塁を守った...
別窓で開く

活躍がチームの勝利に直結! 21世紀最強のセットアッパー・クローザーを考える
昨今の野球で、日に日に重要性が増すセットアッパーとクローザーという役割。いわゆる中継ぎというポジションだ。試合終盤の勝敗が決まるしびれる場面で登板し、相手バッターと対峙する。今回は、そんな重要な存在のセットアッパーとクローザーのなかで、素晴らしい成績をおさめている投手をみていこう。...
別窓で開く

【勝利貢献指標WARで振り返る2013〜21ドラフト】1位は競合より単独入札、3位より2位の成功例が多い意外な結果に<SLUGGER>
2013〜21年のドラフトを、勝利貢献度を測る総合指標WARで検証するこの企画。3回目は順位別の総合計を見ていく。※データ提供:DELTA●ドラフト1位:通算WAR571.3▼ベスト51位 森友哉(13年西武) 29.72位 吉田正尚(15年オリックス) 27.33位 大瀬良大地(13年広島)&nb...
別窓で開く

阿部寿樹&京田陽太の“ドラゴンズ二遊間”がまさかのダブル放出!立浪政権が「本気」で改革に乗り出す
11月18日、中日ドラゴンズと横浜DeNAベイスターズは、内野手・京田陽太(中日)と投手・砂田毅樹(DeNA)の交換トレードが合意に達したと発表した。 2016年ドラフト2位で中日に入団した京田は、1年目から遊撃のレギュラーとして活躍し、新人王を獲得。その後も好守を武器に中日を牽引していたが、今季は...
別窓で開く

追い求めるのは“究極の一球”。最強投手陣をけん引する梅野隆太郎はなぜ阪神に残ったのか?「絶対にもっと強くなる」
2022年の阪神タイガースは開幕9連敗を喫するなど、悪夢の幕開けとなった。6、7月は大きく勝ち越して一時はペナントレースを独走するヤクルト・スワローズとの差を縮めたものの、8月に再失速の8連敗。逆転優勝への“挑戦権”は、横浜DeNAベイスターズに奪われた格好となった。...
別窓で開く

【データで見る「後半戦要注目選手】セ・リーグ編】虎ケラーの投球はサファテ級! 中日・京田の不振の原因は“不運”?<SLUGGER>
プロ野球は前半戦が終了。大記録が飛び交った2022年前半戦だが、期待を裏切ってしまった選手もいる。今回は後半戦の巻き返しが期待できるセ・リーグの3選手をピックアップした。●上茶谷大河(DeNA)10登板 50.2イニング 2勝6敗 防御率5.15 上茶谷は2勝6敗、防御率5.15で前半戦を終えた。...
別窓で開く

開幕1か月の「ブレイク野手」は? “4割打者”・松本は危険フラグも、三森と石川は今後も活躍をキープか<SLUGGER>
プロ野球も開幕から1か月以上が経過。昨季上位のチームが下位に沈むなど、異なる様相を呈している。また、異なるのは選手も同様だ。昨季まで無名だった選手、あるいはルーキーのなかにも、ここまで非常に優れた成績を残している選手もいる。彼らは今後も活躍を維持できるのだろうか。3・4月にブレイクした野手3名をピッ...
別窓で開く


<前へ12次へ>