本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「奇跡のバックホーム」の横田は28歳で夭折。怪童”中西や〝フォークの神様”杉下も旅立つ【2023年に世を去った日本球界のレジェンドたち】<SLUGGER>
2023年も、かつてプロ野球の世界で活躍した多くのレジェンドがこの世を去った。年の瀬の今、改めて彼らの足跡を改めて振り返り、我々の心を熱くさせてくれた現役時代の雄姿を偲ぶとしよう。...
別窓で開く

2023年度のシーズンは、56勝82敗5分という成績で2年連続最下位となった中日ドラゴンズ。そんななか、どんなに苦境に陥っても情熱的に応援し続けるのが、「関東燃えドラ会」の代表を務める時川修さんだ。「それでも立浪中日を応援し続ける」と公言してはばからない。時川さんが、中日を知ったのは幼稚園の頃。夏の...
別窓で開く

BC→NOL・福井で土台を構築!2年目の来季、中日の外野戦争に参戦期待の岡林勇希に続く逸材とは!?【プロ野球ブレイク候補2024】
BCリーグ→NOL・福井で土台を構築!2年目の来季、竜の外野戦争に参戦か!??中日ドラゴンズ濱将乃介根尾より、投げられていたと思う興味を持ったら、挑戦してみる。ここでご紹介する濱将乃介はそんな人だ。小さな頃から好奇心が旺盛で、5歳で軟式野球チームに入ったほか、テニス、サッカー、水泳、さらにはボクシン...
別窓で開く

高校野球大好き芸人・かみじょうたけしが語る甲子園の名勝負と名試合
高校球児の夢の舞台「全国高等学校野球選手権大会」。2023年は慶応が仙台育英に勝ち、107年ぶりの優勝で幕を閉じた。今年の甲子園で繰り広げられた名試合や名シーンは、これからも後世に語り継がれていくだろう。...
別窓で開く

ノンフィクション作家・鈴木忠平に日ハム新球場建設の裏側を聞く
『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』で知られるノンフィクション作家でスポーツライターの鈴木忠平氏が、エスコンフィールド建設にまつわる人間ドラマをまとめた『アンビシャス 北海道にボールパークを創った男たち』(文藝春秋)を今年3月に発売した。...
別窓で開く

野球著作家・ゴジキ「球場で見ることで明確にわかった大谷翔平の進化」
ニュースクランチで「ゴジキの新・野球論」を連載中の野球著作家・ゴジキ氏。現在は2番目の長期連載(毎週更新のコンテンツ)で、連載開始からランキングで常にTOP10入りしている大人気連載となっている。今回は、7月に2冊の新刊を発売することを記念してインタビューを敢行。...
別窓で開く

「それでメシ食ってるんだから、練習なんて当たり前でしょ」寛容に淡々と自分の流儀を貫いた福留孝介のメジャー生活<SLUGGER>
福留孝介の打撃を初めて見たのは、彼がPL学園の主砲として甲子園に出場した時のことだ。テレビで見ただけで、『こんなに思いきり、バットを振り切る?』と驚いた。 初めて”生”で見たのは、第1回WBCの準決勝、韓国戦で代打2点本塁打を放った時だった。...
別窓で開く

甲子園が夢だった。だけどコロナ禍で......。高校球児たちの感動の実話
 甲子園に行きたい。全国の高校球児たちが、毎年その思いを胸に練習に励んでいる。 高校野球にはさまざまなドラマがある。甲子園に出た選手だけでなく、甲子園に出られなかった選手、選手を支える家族やコーチ。『甲子園に行くのが夢だった 高校野球が教えてくれた大切なこと』(飛鳥新社)には、高校野球にまつわる16...
別窓で開く

「ノーヒットノーランのお祝いしてくれて…」ビッグボス新庄と六本木の夜
大学までプロから見向きもされず、野球の道を諦める寸前まで行ったが、社会人でサイドスローに転向し、プロ野球の世界へと進んだ川尻哲郎さん。1年目から8勝をあげ、1998年にはノーヒットノーランを記録。そしてこの年、川尻はもうひとつファンに鮮烈な印象を残す。...
別窓で開く

「スカウトに声かけられなかった」川尻哲郎の運命を変えたサイドスロー
「ノーヒットノーラン」。この言葉、野球に明るくない人でも、なんとなく“スゴいこと”として認識しているのではないだろうか。相手チームに1本のヒットも許さず、試合を成立させることで、100年に迫るプロ野球の歴史の中で、93回しか達成されていない記録である。そんなノーヒットノーランを1998年に達成したの...
別窓で開く


<前へ12次へ>