本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『ブラッシュアップライフ』臼田あさ美&仲村トオル&塚地武雅が本人役出演 安藤サクラは3周目の人生で“日テレの社員”に…
俳優の安藤サクラが主演する、29日放送の日本テレビ系連続ドラマ『ブラッシュアップライフ』第4話(毎週日曜 後10:30)に俳優の臼田あさ美、仲村トオル、塚地武雅が本人役で登場することがわかった。 安藤と脚本・バカリズムの初タッグで送る今作は、地元の市役所で働く実家住まいの平凡な独身女性の近藤麻美(安...
別窓で開く

安藤サクラ『ブラッシュアップライフ』、人生3周目の勤務先は「日本テレビ」 仲村トオル、臼田あさ美、塚地武雅が本人役で登場
安藤サクラが主演するドラマ『ブラッシュアップライフ』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第3話が22日に放送され、番組最後に「これからのブラッシュアップライフ」と題した映像が公開。その中で、新キャストとして仲村トオル、臼田あさ美、塚地武雅が出演することが明らかになった。...
別窓で開く

【博多女性刺殺事件】寺内容疑者は六本木「芸能人御用達」クラブの店員だった! 元同僚が語る“突然の脱走劇”
「ネットニュースを見ていたら“あれっ、これ進じゃないか!?”って……。驚きました」こう語るのは、かつて東京の飲食店に勤務していたトオルさん(仮名)だ。福岡市の会社員女性・川野美樹さん(当時38)が刺殺された事件で逮捕された寺内進容疑者(31)。トオルさんは容疑者と一緒に働いていた時期があるという。...
別窓で開く

“丸KEN”タッグがバレットクラブと合体し新日本参戦!丸藤正道「いろんな可能性が生まれると思うので」
新日本プロレスは、『WRESTLE KINGDOM 17 in 横浜アリーナ』1.21神奈川・横浜アリーナ大会の対戦カードを発表した。昨年に引き続き、プロレスリング・ノアとの全面対抗戦が行われる。第1試合は両団体の混合8人タッグ、棚橋弘至&矢野通&小島聡&杉浦貴が、丸藤正道&...
別窓で開く

主演・風間俊介に「似合う」「安心」の声 テレ東「ペルソナの微笑」で「心に闇を抱える刑事」役
ドラマ「横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑」(テレビ東京系)が、1月23日(2023年)に放送される。1月9日、同局が発表した。横山秀夫さんの連作短編集「第三の時効」に収められた同名小説のドラマ化。同局ではこれまでに「沈黙のアリバイ」(2020年10月放送、仲村トオルさん主演)、「モノクロームの反転...
別窓で開く

斎藤工ら、高山一実主演「超人間要塞ヒロシ戦記」新たな出演者発表
【モデルプレス=2023/01/11】元乃木坂46の高山一実が主演を務める2月13日スタートのNHK夜ドラ『超人間要塞ヒロシ戦記』(総合、毎週月〜木曜22:45〜23:15、全20回)に出演する新たな出演者が発表された。◆「超人間要塞ヒロシ戦記」新たな出演者発表本作は、一見普通の青年“田中ヒロシ”と...
別窓で開く

風間俊介、横山秀夫サスペンス初参加で主演 キャスト続投&ゲスト一挙解禁<ペルソナの微笑>
【モデルプレス=2023/01/09】俳優の風間俊介が主演を務めるテレビ東京系月曜プレミア8『横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑』が、23日よる8時から放送されることが決定した。◆風間俊介主演「横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑」原作は本格ミステリーにして警察小説の最高峰との呼び声も高い、横山秀夫氏...
別窓で開く

風間俊介、横山秀夫サスペンスシリーズ第4弾で主演 心に闇を抱える若手刑事に
風間俊介が主演するドラマ『横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑』が、テレビ東京系にて1月23日20時より放送されることが決まった。 原作は横山秀夫の連作短編集『第三の時効』所収の同名小説。山梨県警本部を舞台に、“最強の捜査集団”とうたわれる強行犯捜査係が事件の真相に迫る本格警察ドラマだ。...
別窓で開く

風間俊介、横山秀夫サスペンス『ペルソナの微笑』で主演「すごい人たちとの“総当たり戦”だな」
テレビ東京は23日、月曜プレミア8枠でドラマ『横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑』(後8:00〜後9:54)を放送する。 原作は、警察小説の最高峰との呼び声も高い横山秀夫氏の連作短編集『第三の時効』に所収されている同名小説。山梨県警本部を舞台に“最強の捜査集団”とうたわれる強行犯捜査係が事件の真相に...
別窓で開く

風間俊介、心に闇を抱える刑事役で主演!仲村トオル“笑わない男・青鬼”との芝居に注目
風間俊介が、1月23日(月)に放送及び、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される月曜プレミア8『横山秀夫サスペンス ペルソナの微笑』(テレビ東京系、20:00〜)にて主演を務めることがわかった。本作は、本格ミステリーにして警察小説の最高峰との呼び声も高い、横山秀夫氏の連作...
別窓で開く