本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「日本はちょっとソフト」。オランダ育ちのMF三角乃英がU-16合宿に初参加。指揮官は「予測と技術、戦術眼もある」と評価
 近年、日本にルーツを持つ選手が幼少期から海外を拠点にプレーするケースが増えつつある。日本サッカー協会もそうした選手の発掘に力を入れており、6月に行なわれたモーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)ではU-19日本代表に香港とイングランドで育った前田ハドー慈英(ブラックバーン)、スペイン育ち...
別窓で開く

ニューカッスル、スタッド・ランスで今季急成長の19歳FWエキティケ獲得に関心か
ニューカッスルが、スタッド・ランスに所属するU−20フランス代表FWウーゴ・エキティケの獲得を狙っているようだ。7日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。 現在19歳のエキティケはスタッド・ランスの下部組織出身。デンマークへのレンタル移籍などを経験し、今シーズン初めからスタッド・ランスの...
別窓で開く

国際舞台での強化サイクル復活の第一歩 新たな刺激、独特の緊張感、初の経験に挑むU−19日本代表
来年のU−20ワールドカップを目指すU−19日本代表が、初の海外遠征、国際大会参加を実施している。ターゲットになったのは、かつてトゥーロン国際大会の名前で知られていたモーリスレベロトーナメント。遠くフランスの地での戦いは、日本時間31日21時のアルジェリア戦から始まることとなる。...
別窓で開く

香港育ち、12歳で単身渡英の前田ハドー慈英。異色の経歴を持つ右SBは「自分の心は日本にある」と意欲【U−19代表】
 香港生まれ香港育ち。12歳からイギリスに渡り、サッカーの“母国”イングランドで実力を磨いてきた。日本で一度もプレーしていない異色の右SBにとって、初の代表活動は自身の価値を示す絶好の機会だ。 第48回モーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)に出場するU−19日本代...
別窓で開く

フランス遠征に臨むU19日本代表、G大阪FW坂本一彩を追加招集…FW熊田直紀は不参加に
日本サッカー協会(JFA)は27日、フランスで開催される第48回モーリス・レベロ・トーナメント(旧トゥーロン国際大会)に出場するU−19日本代表に、ガンバ大阪所属のFW坂本一彩を追加招集することを発表した。 坂本は2003年8月26日生まれの現在18歳。今季からトップチームに昇格しており、明治安田生...
別窓で開く

フランス遠征に臨むU−19日本代表メンバーが発表! 海外組3名を招集
日本サッカー協会(JFA)は23日、フランスで開催される第48回モーリス・レベロ・トーナメント(旧トゥーロン国際大会)に出場するU−19日本代表メンバーを発表した。 伝統あるアンダー世代の国際大会はこれまで「トゥーロン国際大会」の名前で親しまれてきたが、主催者の意向を汲み、現行の大会正式名を使用する...
別窓で開く

世界最高峰の選手を擁するも…元PSGジノラ氏が古巣に警鐘を鳴らす「大変なことになる」
かつてパリ・サンジェルマン(PSG)でもプレーしたダヴィド・ジノラ氏が、同クラブの現状に胸中を明かした。14日、スペイン紙『アス』が伝えている。 現在55歳のジノラ氏はトゥーロン(現在フランス4部)でプロキャリアをスタートさせると、1992−93シーズンにPSGへ加入した。同クラブ在籍時代の1993...
別窓で開く

三笘薫の逸話。大学生活で窺えた“焦り”と“危機感”
 川崎での活躍を経て今夏にイングランド1部のブライトンへ完全移籍し、1年目はレンタルでベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレーする三笘薫。欧州デビューも近づいている。川崎のアカデミーで育ち、筑波大で力を養い、昨季、プロ1年目でブレイクした彼は、改めてどんな道を歩んできたのか。...
別窓で開く

【U-24日本代表 全選手プロフィール】東京五輪に挑む18人の経歴、世界経験、プレースタイルは?
 6月22日、東京オリンピックの男子サッカーに臨む「U-24日本代表」のエントリーメンバーが発表された。世界が注目する大舞台に立つ18選手の横顔を紹介する。...
別窓で開く


<前へ1次へ>