本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



山下智久、海外活動をサポートする“ウィル・スミス事務所”と訣別していた! 今後は国内でマネージメント、直撃に答えた「40代からの活動」
ミラノコレクションの会場でも着用していたブルゾンを羽織って颯爽と帰国した山下智久を直撃(2022年)《Milano Fashion Week. 刺激的な時間。感謝!》 9月22日、自身のインスタグラムで海外にいる姿を発信した山下智久。「山下さんはイタリア・ミラノで行われたファッションイベント『ミラノ...
別窓で開く

米記者がリーグMVPにジャッジを予想!一方で『ショウヘイ・オオタニ賞』設立を提案「地球上で彼みたいにできる人間はいない」
長いレギュラーシーズンもいよいよ残りわずか。そんな中、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)によるアメリカン・リーグMVP争いは、現地でも大きな論争の的となっている。 現地時間10月3日、米メディア『The Athletic』は、今季の個人タイトルに関...
別窓で開く

フィリーズが11年ぶりの大舞台へ! エンジェルスは「プレーオフ最長不出場」チームの不名誉に
メジャーリーグは現地時間10月3日、フィラデルフィア・フィリーズが敵地のヒューストン・アストロズ戦に3対0で勝利。マジック1としていたプレーオフ進出を自力で決めた。これにより今季のプレーオフ出場チームの顔ぶれが両リーグとも出揃う形になっている。...
別窓で開く

ブルージェイズ・菊池雄星 メジャー4年目で初セーブ 3回1安打無失点
 ◇ア・リーグ ブルージェイズ9ー0レッドソックス(2022年9月30日 トロント) ブルージェイズの菊池雄星投手(31)が9月30日(日本時間10月1日)のレッドソックス戦でメジャー初セーブを挙げた。 8−0の7回から2番手として登板。7回は2死から四球を与えたが、2三振を奪うなど無難に無失点で終...
別窓で開く

代打のサヨナラ弾で21年間の悪夢をついに払拭! マリナーズが2001年以来のポストシーズン進出決定
悪夢の終焉は、あまりに劇的な形で終わりを告げた。 メジャーリーグは現地時間9月30日、シアトル・マリナーズ対オークランド・アスレティックスの試合が行なわれ、マリナーズが2対1でサヨナラ勝利。現在メジャーワーストとなる21年連続で逃していたポストシーズンへの進出を決めた。 勝てば、2001年以来の大舞...
別窓で開く

強調された大谷翔平の“究極の価値”。MLB通算216勝の剛腕シリングが訴え!「ジャッジが61本打っても、オオタニがMVP」
去る9月28日(現地時間)、敵地で行なわれたトロント・ブルージェイズ戦でニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジは待望のシーズン61号を放ち、1961年にロジャー・マリスが打ち立てたアメリカン・リーグ記録に並んでみせた。 現地29日時点で61本塁打、130打点、打率.313とアメリカン・リーグを...
別窓で開く

ペドロ&ジョンソン級の大谷翔平。二刀流の真価を発揮する偉才は「過小評価されている」と思わせるほど異次元だ
投げるたび、打つたび、そして走るたびに、球史を作り続ける異能のスターが、またしても異次元のパフォーマンスを見せつけた。 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間9月29日、本拠地で行われたオークランド・アスレティックス戦に「3番・投手&DH」で先発出場すると、8回2死までノーヒットノーランを継...
別窓で開く

藤原竜也「長い道のりでしたが今振り返ると一瞬」舞台「ハリー・ポッター」最終日迎えコメント
公開中の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」(東京・TBS赤坂ACTシアター)で、トリプルキャストでハリー・ポッター役を務める藤原竜也(40)が30日、出演最終日を迎え、コメントを発表した。藤原は「稽古から長い道のりでしたが今振り返ると一瞬でもあり、カンパニー全員に支えられてここまで乗り越えられたかな...
別窓で開く

「最高のショーにしたいね」ジャパンゲームズに向けて気合い十分のカリー「ベストを尽くそうと思っている」<DUNKSHOOT>
9月28日、昨季のNBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは日本へ到着し、翌29日には観光をしつつ、都内某所でチーム練習と囲み取材に応じた。 ウォリアーズにとって、日本で試合を行なうのは初めてだが、ステフィン・カリー、ドレイモンド・グリーン、アンドレ・イグダーラ、ケボン・ルーニーはすでに来日経験が...
別窓で開く

「まさに前人未到なんだ!」ダブル規定到達の偉業に迫る大谷翔平にエ軍2大レジェンドが最敬礼!「ただただ信じられない」
現地時間9月28日、敵地でのトロント・ブルージェイズ戦でニューヨーク・ヤンキースの主砲アーロン・ジャッジは今季61号をマーク。60号の大台到達から8試合ぶりの一発で、1961年にロジャー・マリスが打ち立てたアメリカン・リーグ記録に並んでみせた。 すでにMVPレースも一歩リードしていた印象もあるが、こ...
別窓で開く


[ トロント ] の関連キーワード

dunkshoot ジョンソン マリナーズ ポッタ ハリー
mvp スミス