本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



元NBA、ユーロリーグでは優勝&MVP!Bリーグ島根スサノオマジックに加入したエペ・ウドゥの波乱万丈キャリア<DUNKSHOOT>
Bリーグに、欧州最高峰ユーロリーグのファイナル4(準決勝&決勝)MVPが加入した。 12月24日、島根スサノオマジックは、NBAやヨーロッパの強豪クラブでプレーしたキャリアを持つ35歳のベテラン、エペ・ウドゥと2022−23シーズンの契約を結んだことを発表。...
別窓で開く

王者スペインのブラウンなど帰化選手の躍動、「失われた22秒」ら頻発したジャッジミス【ユーロバスケット2022総括Part.2】<DUNKSHOOT>
チェコ、ジョージア、ドイツ、イタリアの4か国で9月1日から18日まで行なわれたユーロバスケット2022は、スペインが優勝。フランスが銀メダル、ホスト国のドイツが銅メダルを獲得して、大盛況のうちに幕を閉じた。 ここでは、この大会の総括として、今回のユーロバスケットを通しての注目トピックスを紹介する。...
別窓で開く

初日を終えたユーロバスケットのラウンド16。4戦中2戦がオーバータイム突入と、全試合が手に汗握る大激戦に<DUNKSHOOT>
チェコ、ジョージア、ドイツ、イタリアの4か国で9月1日から開催中のユーロバスケット2022は、10日からはいよいよ“負ければ即帰国”のノックアウトステージがスタート。初戦のトルコ(A組2位)対フランス(B組3位)戦からさっそく、オーバータイムにもつれ込む激戦が繰り広げられた。...
別窓で開く

ドンチッチのスロベニア、アデトクンボのギリシャ、ヨキッチのセルビアが激突!ユーロバスケット予選ラウンド総まとめ<DUNKSHOOT>
チェコ・ジョージア・イタリア・ドイツの4か国で9月1日から開催中のユーロバスケット2022は、前半戦のグループリーグが終了。10日から行なわれる決勝トーナメントに出場する16チームが出揃った。 グループA では、 予選最終戦で3勝1敗の同士のスペインとトルコが対決。最大点差が6点という超接近戦を3点...
別窓で開く

名手ノビツキー以来の快挙を達成したアデトクンボ「プレーするのが楽しくてたまらない」【ユーロバスケット2022】<DUNKSHOOT>
チェコ・ジョージア・ドイツ・イタリアの4か国を舞台に、9月1日から18日まで開催されているユーロバスケット2022。6日に行われた4回戦では、グループAからはスペインと、お騒がせのトルコが決勝トーナメント進出を決めた。 激戦のグループBからは、初戦でドイツに敗れて以降は3連勝のフランスと、ドイツの4...
別窓で開く

ドンチッチ擁するスロベニアの敗戦、退場者続出のジョージアvsトルコ戦——波乱ずくめのユーロバスケット3戦目レポート<DUNKSHOOT>
チェコ・ジョージア・ドイツ・イタリアの4か国で開催中のユーロバスケット2022。9月1日にスタートした同大会はグループBのドイツが開幕から3連勝で、いち早く決勝トーナメント進出を決めた。彼らは1993年のドイツ大会でも優勝しているだけに、地元での強さはお墨付きだ。 そしてジョージアの首都トビリシが舞...
別窓で開く

【バスケW杯】開催国のフィリピン、日本に続き4か国が出場決定!最激戦区ヨーロッパ予選は波乱の予感?<DUNKSHOOT>
来年8月25日〜9月10日にフィリピン・日本・インドネシアのアジア3か国共催で行なわれる「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」。世界最強国を決定する4年に1度の大会を1年後に控え、現在は各大陸で予選が行なわれている。 昨年11月に始まった予選はWindow1〜6の6つの期間で行なわれ、今...
別窓で開く

【バスケW杯予選】NBA“2大MVP”対決はヨキッチのセルビアに軍配!アデトクンボは欧州予選最多の40得点も及ばず<DUNKSHOOT>
NBAは現在オフシーズンの真っ只中だが、今年の夏は世界各地でスタープレーヤーによる熱戦が繰り広げられている。 来年8月25日にフィリピン、日本(沖縄)、インドネシアの3か国で共催される「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」に向け、各大陸で予選が行なわれているからだ。...
別窓で開く

【ユーロバスケット・プレビュー|後編】スロベニアの連覇か、それとも……。欧州選手権に出場する24か国から注目チームをピックアップ<DUNKSHOOT>
9月1日に開幕するユーロバスケット。8日までの8日間で行なわれる予選ラウンドでは、24チームが4つのグループに分かれて総当たり戦を行ない、各グループの上位4チームが、ベルリンに場所を移して10日から始まる決勝トーナメントに参戦する。 予選ラウンドのグループ分けは以下のとおりだ。...
別窓で開く

「NBAは“マフィア”だから」ヨーロッパ人HCが誕生しない理由を、欧州の名将たちが語る<DUNKSHOOT>
ヨーロッパで生まれ育った選手がNBAで活躍することは、今や珍しくなくなった。というより、2018−19シーズンから4年連続でNBAのシーズンMVPを独占しているのは、ヨーロッパ出身のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス/ギリシャ/2019、20年)とニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ/セ...
別窓で開く


<前へ12次へ>